HOME > 院長ブログ

院長ブログ

西宮市の若王寺鍼灸院では、肥満の改善に力を入れています!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、肥満による死亡のリスクについてお話しますsign01


実は肥満になると、寿命が10年も短くなり、


二人に一人は70歳までに亡くなっているという


研究結果が出たそうですsweat01


具体的には、BMIが5%上がると、心疾患系の死亡


リスクが49%、呼吸器系の死亡リスクが38%、


ガンの死亡リスクが19%も増えるそうですdown


さらに全体の死亡リスクでは、BMI22.5~25は標準体重で


最も死亡リスクが低く、BMIが30~35(肥満1度)で45%、


BMI35~40の(肥満2度)では94%、BMIが40以上だと100%


近く上がるそうです。つまりBMIが25を超えた段階で死亡率が上がるので、


危険だということですcoldsweats02


この数値が肥満度を示すので是非ご自身の状態を確認してみて下さいpaper


BMI=体重(㎏)÷身長(m)の二乗で計算します


最近では女性よりも男性の方が肥満は増えていますgood


肥満が増えると、糖尿病や心筋梗塞にかかりやすいとも言われていますsweat02


糖尿病の疑いがある方は男性では5人に1人、女性は10人に1人と


近年で急に上がりました。


その背景に、自動車の普及による運動量の減少や、


食の欧米化が関係していますrun


糖尿病とは、糖質(炭水化物)の取りすぎによるものですdash


つまり糖尿病の改善策は、適度な運動と糖質の制限をすることですup


糖質にはご飯や麺類や果物など多くの物に含まれています。


決して食べるなとは言いませんpaper


ただ量の制限と食べる順番だけを意識して頂きたいのですdelicious


私は、常に健康寿命を意識し訴えてきましたsign03


その中で肥満というのは、寝たきりのなるリスクを上げてしまうので、


気を付けないといけないのです。


この記事にピンときた方は当院にご相談下さいfaxto


食のアドバイスとトレーニングや有酸素運動で


運動不足解消に導かせて頂きますshine


是非私と一緒に健康を手に入れ、


快適な生活を送りませんか?


お気軽にお問合せ下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院で実践する効果が高いダイエットとは?

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日はダイエットにお悩みの方の質問にお答えしますpencil


Qダイエットのためにウォーキングをしていますが、


効果が出ませんがどうしてでしょうか?


ウォーキングは体に負担なく気軽に始められ、


脂肪燃焼にもいいと思いますrock


しかし、痩せられないのは何か理由があると思いますdash


まず消費カロリーを考えたことはありますか?


以下が速度別にウォーキング1時間歩いた際の


消費カロリーです


・普通のペースで歩いた場合(2分で100m)

120calの消費



・早歩きで歩いた場合(1分で100m)

270calの消費


・さらに早歩き(45秒で100m)

400kcalの消費


でこれだけ消費されます。


つまり1時間で消費されるカロリーは、


ウォーキングだとどんなに早くても


400kcalが限界ですcoldsweats02


それに対して、1キロ体重に減らすのに


必要な消費カロリーは7200kcalと言われるので、


早歩き(270kcal)を1ヵ月(30日)毎日1時間続けると、


ようやく1キロは痩せる計算になりますsweat01


つまり本気で痩せるには、歩く速度も重要になってきますup


また摂取カロリーが消費カロリーをうわまっていませんか?


1日の摂取カロリーが1500kcalの場合、


基礎代謝量(平均1200kcal)+ウォーキング1時間400kcal


※基礎代謝量とは、じっとしていても消費されるエネルギー


=1600kcalになります


つまり摂取カロリー(1500kcal)に対して


消費カロリー(1600kcal)です


これだと100kcalしか消費できていないことになりますsweat02


そういったことまで意識すると効果は出やすいですgood


また代謝を上げることも大切ですshine


代謝がいいのは今の寒い時期です。


なぜなら外気との温度差が大きく、体温を上げるためには


代謝の働きが必要だからですpaper


代謝を上げるには筋肉を付ける必要がありますnotes


太ももが太いのが気になる方が多いようですが、


それは筋肉の使い方が悪いからですdown


筋肉がなかったり、使わないから筋力が衰え、むくみや、たるみや、冷えや、


脂肪が蓄えられ太くなるのです。


太ももの前が発達して嫌と言われたり


垂れたお尻がコンプレックスの方が多いのではないのでしょうか?


日常生活でふとももの前は、歩いたり階段を上がるときに使われますが、


それ以外は意識して使わないと、使われないのですwobbly


だからそこだけ発達し、お尻の筋肉は付かず垂れてしまうのですeye


当院では正しい姿勢を身に付けて頂くために、


マッサージやカッピングはもちろんのこと、


トレーニング指導にも力を入れていますbell


また継続しやすいように、値段の改正もしました。


続けないと効果が出ないので、個々の患者様に


とって続けやすいメニュー作りもしていますlovely


是非一度ご相談くださいfaxto


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院では、いろんな症状にアプローチしています!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日のテーマは「更年期について」ですrock



更年期の言葉の意味とは、閉経をはさんだ前後10年間のことです。


つまり50歳前後の方が更年期といえますdash


この時期は、卵巣の働きが低下し、女性ホルモンであるエストロゲン


が急激に減少し、体にいろんな症状が出てくることを総称して


更年期障害と呼ばれます。


※男性に更年期障害が少ないのは、男性ホルモンは、一生の間の分泌量に


あまり変化がないからと言われています。


更年期障害とエストロゲンは親密な関係にあり、


女性の体を守るうえで大切な役割を果たしますgood


主に生殖器や神経、皮膚、血管、骨、脳に関係します。



更年期障害が起こりやすい発症年齢は50歳前後で、


閉経後はエストロゲン低下により、徐々に高血圧がみられ、


高脂血症、高血糖、肥満などの危険因子も加わり始め、動脈硬化が進みますsweat01


さらに、閉経後10年ぐらいたつと、狭心症、心筋梗塞などの発症率が増えますsweat02


最近若者に増えているのは、ストレスや過労、自律神経の乱れ


だと言われていますcoldsweats02


<主な症状>

・ 月経異常:周期の乱れ、不規則な出血


・ 自律神経失調症状:のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動悸、血圧の変化


・ 精神神経症状:物忘れ、集中力の低下、不眠、イライラ、憂うつ、頭痛、めまい、しびれ


・ 膣や膀胱などの衰え:頻尿、尿もれ、尿が我慢できない


・ 筋肉・骨格系の衰え:子宮脱、肩こり、背骨が痛い、関節痛、腰痛、足がだるい


・ 皮膚の衰え:しみ、しわ、たるみ


などが起こりますsign03


治療としては、ホルモン補充療法がありますが、


アレルギー症状があると受けられなかったりしますdown


更年期障害と聞くと女性は怖いイメージが湧くかもしれませんが、


皆様起こりうることですshine


なぜなら閉経が起こるからです。


その症状が軽いか、気にしていないかだけだと思いますsign03


しかし、この症状からも分かるように、大半が当院でも


アプローチしていることですup


つまり当院にお越し頂くと、大半の症状に対して


効果が期待できるということですhappy01


治るとは言えませんが、少しでも良くなるなら


来ない理由はないと思います。


是非このようなお悩みでしたらお任せくださいok


アロマやマッサージやトレーニングで、あなたの体を


理想に導かせて頂きますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院では、

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本です


ご覧頂きありがとうございます


今日のテーマは「更年期について」です



更年期の言葉の意味は、閉経をはさんだ前後10年間のことです


つまり50歳前後の方が更年期といえます


この時期は、卵巣の働きが低下し、女性ホルモンであるエストロゲン


が急激に減少し、体にいろんな症状が出てくることを総称して


更年期障害と呼ばれます


※男性に更年期障害が少ないのは、男性ホルモンは、一生の間の分泌量に


あまり変化がないからと言われています。


更年期障害とエストロゲンは親密な関係にあり、


女性の体を守るうえで大切な役割を果たします


主に生殖器や神経、皮膚、血管、骨、脳に関係します



更年期障害が起こりやすい発症年齢は50歳前後で、


閉経後はエストロゲン低下により、徐々に高血圧がみられ、


高脂血症、高血糖、肥満などの危険因子も加わり始め、動脈硬化が進みます


さらに、閉経後10年ぐらいたつと、狭心症、心筋梗塞などの発症率が増えます



また若者に増えているのは、ストレスや過労、自律神経の乱れ


だと言われています


<主な症状>

・ 月経異常:周期の乱れ、不規則な出血


・ 自律神経失調症状:のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動悸、血圧の変化


・ 精神神経症状:物忘れ、集中力の低下、不眠、イライラ、憂うつ、頭痛、めまい、しびれ


・ 膣や膀胱などの衰え:頻尿、尿もれ、尿が我慢できない


・ 筋肉・骨格系の衰え:子宮脱、肩こり、背骨が痛い、関節痛、腰痛、足がだるい


・ 皮膚の衰え:しみ、しわ、たるみ


などが起こります


治療としては、ホルモン補充療法がありますが、


アレルギー症状があると受けられなかったりします


更年期障害と聞くと女性は怖いイメージが湧くかもしれませんが、


皆様起こりうることです


なぜなら閉経が起こるからです


その症状が軽いか、気にしていないかだけだと思います


しかし、この症状からも分かるように、大半が当院でも


アプローチしていることです


つまり当院にお越し頂くと、大半の症状に対して


効果が期待できるということです


治るとは言えませんが、少しでも良くなるなら


来ない理由はないと思います


是非このようなお悩みでしたらお任せください


アロマやマッサージやトレーニングで、あなたの体を


理想に導かせて頂きます


若王寺鍼灸院より

西宮市の若王寺鍼灸院に多い、足関節のお悩みとは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、足関節の症状についてお話しますpencil


足関節は、痛みを軽視し放置してしまうと


のちに膝には痛みが出てしまうことがありますsweat01


当院の患者様でも、膝が痛くて来院されましたが、


原因は足関節にある方が多々ありますpaper


足関節は立っている以上は必ず負担がかかるだけに


軽視し、放置するのではなく、適切な処置をおススメしますnote


今日は特に多い捻挫と外反母趾についてお話しますsign03


当院で一番多いのが、足をひねることによる「捻挫」です。


捻挫をした時点で冷やして、固定などの処置が必要ですが、


これをせずに痛みが治まるのを待つ方が、多いように思いますsweat02


もちろん安静にしているだけで、痛みは引きますが


将来的に靭帯が緩んだ状態で生活をしないといけなくなりますsign04


そうなると、重心の位置が変わり、膝への負担が増えてしまいますsad


当院では、ズレた関節を入れ直し、時にはテーピングで固定し


歩き方の改善を図っていますup


次に多いのが「外反母趾」による痛みですdash


外反母趾になると、親指側に体重が乗せにくくなるので


足首の外側に負担がかかり、捻挫をしたかのような歩き方になり


その結果、靭帯が緩み関節がずれてしまいますcrying


外反母趾は、ハイヒールが原因と言われてきましたが、


指を使って生活をしていないことで、足が退化し機能していないのが


原因でもあります。


つまり、指を使って歩くことはすごく重要ですear


外反母趾になる方のほとんどの方は、


体の重心が後ろに片寄っていて、かかとに体重をかけすぎる傾向にあります。


そのため、指で体重を支えなくなり退化してしまい起こりやすくなりますfoot


関節の変形を治すことはできませんが、痛みの軽減は


可能だと考えていますrock


当院では、歩き方から指導させて頂きたいと思いますrun


今日は当院に特に多い症状を説明させて頂きましたが、


他にも、痛風や高尿酸血症なども足に痛みが出ます。


適切な治療で痛みの出ない生活を送って頂きたいと思いますし、


そのために当院でも力になれればと思いますので、


お気軽にご相談くださいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02







西宮市の若王寺鍼灸院が妊婦さんに食べて頂きたいものとは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、当院にも何人かお越し頂いている


妊婦さんに対して、食のアドバイスをさせて頂きますpencil


妊婦さんは妊娠すると、赤ちゃんにも栄養を与える必要があり、


食べるものに気を使わなければなりませんsweat01


では実際、どう気をつければいいのかお話しますdash


「脳」というのは、3歳までに約80%が完成しますshine


「心」が育まれる環境も、3歳ころまでには基礎が出来上がるそうです。


つまり3歳までは特に重要な期間ですsmile


しかし最近のお母さま方は、体型を気にしすぎて、痩せすぎている方が


多いように思いますsweat02


それによって、赤ちゃんに必要な栄養がいかず、


母体の低体重増加や低出性体重児の増加が問題になっていますdown


その背景に、胎児の成長が過剰にならないようにと妊婦さんの


体重制限がありますが、最近では適切な体重増加は必要と


考えになってきました。


だからこそ、しっかり栄養に対して知識をつけて頂きたいと思います。


最も重要なことは「DHA」「EPA」を意識的に取ることですsign03


これらは、妊娠中も産後も重要です。


主にDHAやEPAは魚に多く含まれていますgood


実験では、週に一回でも食べた方と、食べない方を比べた際


食べなかった方は、小児ぜんそくやアレルギー性皮膚炎にかかる


危険度がグーンと上がったそうですup


またDHAやEPAを多くとると、早産率が下がったり、


マタニティブルーが出にくくなるとも言われていますdelicious


マグロなどの大型の魚は水銀とかの不安があるので


控えた方がいいですpaper


また、肉の生食や不十分な加熱も要注意です。


生ものには寄生虫がおり、感染するとほとんどの確率で


胎児にも何らかの病気が発症してしまいますcrying


たばこやアルコールも控えるべきです。


お酒の摂取は、低出生体重児の確率が30%


上がるともいわれていますpaper


他にも、発達が遅れたり頭や顎が小さかったり、


前頭葉などの委縮するなどの障害も起こります。


前頭葉の働きには、思考や運動や感情など


をコントロールするところなのでとても重要な部位ですear


なので、控えて頂きたいと思います。


子どもの人生は妊娠中から始まっていますflair


是非、体型ばかりを意識するのではなく、


必要な栄養を取ることに意識を持っていってくださいscissors


若王寺鍼灸院では、栄養摂取も重要だと考えていて、


妊婦さんには、体型を気にしないように指導していますhappy01


なぜなら、産後の体型に戻すためのプログラムを持っているからですnotes


産後の体型はどうにでもなりますが、赤ちゃんの脳は3歳までに


できあがり、修正など不可能です。


妊娠中のお母様方は特に、今日から栄養を気にしてくださいfullmoon


元気な赤ちゃんを産むためによろしくお願いいたしますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02





西宮市の若王寺鍼灸院では、体力向上のお手伝いもしています!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


秋と言えば、食欲の秋でもありますが、運動の秋でもありますbaseball


張り切って運動会に参加して、体力の衰えを感じた方は


多いのではないでしょうか?


今日からこんな思いをしないために、体力をつけていくべきですrock





当院にご来院して頂いている患者様は、


圧倒的に若い方の方が体力がないように思いますcoldsweats02


小学生の時に行う体力測定でも昔に比べ、


立ち幅跳びでは平均で10cm以上、


ボール投げでは5メートルほど平均が下がっているそうですdown


若い子も多く来院される当院は、まっすぐ姿勢よく座れない方や


あぐらがかけない方や、踵を付けて


しゃがめないといったお悩みの方が多いですsweat01


またストレートネックの方や肩こりに悩んでいる方も多いです。


昔では、そんなことを若い人から聞くことがなかっただけに、


ビックリしました。


その背景として、便利な世の中が関係していると思いますcrying


携帯やパソコンの普及や移動手段の便利さによる、


運動不足や筋力低下が考えられますimpact


昔は和式トイレが主流だったため、しゃがまないとできなかったですが、


今は洋式が主流になっているため、しゃがむことがなくなっているのが


原因でもあると思いますsign03


<姿勢が及ぼすこととは>


姿勢が悪いと、体全体のパフォーマンスが低下しますshock


いいパフォーマンスを発揮させるには、


自分の体のポテンシャルを最大限に引き出すことが


パフォーマンス向上につながるからこそ、


当院では姿勢から、見直させて頂いているのですdash


体力のピークはだいたい20歳くらいだと言われています。


つまり20歳を超えてからは、意識的に運動をしない限り、


どんどん低下していく一方ですthink


若い時から運動をしていた方でも、しなくなると10年で、


体力は5~10%低下するといわれています。

さらに、体力が20代の頃の30%以下になると、歩くことが困難になりますear


つまり、20歳以降に運動習慣がなくなると、60代になると


歩行困難になる計算になります。


しかし、運動をすることで、体力低下のカーブをゆるやかにすることは、


可能ですpaper


肌でもお手入れをしている人が美しくいられるのと同じで、


姿勢改善もも、メインテナンスやトレーニングを続けていれば、


機能低下のスピードは当然遅くすることが可能ですgood


若いからと言って、「まだ大丈夫」と高をくくるのをやめないと、


10年もしないうちに、メキメキ体力が衰えることは目に見えています。


また40代以上の方は、「もう無理」と諦めるのではなく、


1年に1%筋力が落ちるのを、2~3年に1%にできるなら、


老後の心配がなく自立した生活を送り続けることができると思いますshine


是非今日から、綺麗な姿勢と、老後の心配を


しなくていい、体を手に入れませんか?


個々の状態に合わせて無理なく続けられるように、


アドバイスさせて頂きますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院が入院で恐れていることとは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、入院した際のリスクについてお話しますrock


自立した生活を送って頂く」ことをモットーに


今まで、多くの患者様を診させて頂きましたup


その中で、内臓疾患や怪我などで、


入院されてしまった方が何人かおられ、


退院してから通って頂いていますが、


その際に特に衰えを感じた所をご紹介しますdash


まず入院をしたら必ずついてくることが、廃用性症候群ですcrying


廃用性症候群とは、安静にしていることによって


全身の機能が低下することですdown


どのような機能低下がみられるのか?


筋力低下

筋肉を使わないことで、手足が細くなり歩行に支障をきたします。

だいたい二週間の安静で筋肉が二割落ち、

落ちる前の筋肉量に戻すのに、6週間ほどかかります。


関節の拘縮

関節や骨はコラーゲンなどの結合組織で覆われており、

動かさないことで、くっついてしまい固まってしまい、

可動域制限が起こります。


心臓への負担

寝たままだと、体内をめぐる血液量が減り、

栄養や酸素不足になる。それを元に戻そうとすると

脈が乱れたり、動悸などの症状が出ます。


肺活量低下

横になっていることで、肝臓や腎臓などが肺の方に寄り、

圧迫を受けるので呼吸機能が落ちます。


腸などの消化器の機能低下

同じ姿勢でいると、腸の動きが悪くなり

便秘やお腹のハリが出る。また腸の動きが悪くなり

栄養状態も悪くなり、虚弱になってします。


などが入院によって特に衰えを感じた所ですimpact


安易に入院することはいいことではなく、


入院することで、今まで以上の生活が望めなくなることがありますsweat02


そうならないためにも予防が必要ですpaper


筋肉を付けることや、柔軟性を付けることが重要になってきますhappy01


若王寺鍼灸院では、マッサージやカッピングやトレーニングで


予防をしていますが、もし入院などで衰えを感じた方でも、


受け付けています。今まで多くの患者様を診させていただき、


多くの方の生活を快適になるようにお手伝いさせて


頂き、喜びの声も頂いていますsign03


是非リハビリから予防までを得意とする


私にあなたの健康へのお手伝いをさせて下さいlovely


あなたからのご連絡をお待ちしていますfaxto


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院が最も大切にしていることとは!



西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日はネット記事を読んでいて、


私が驚いたことをお話しますpaper


それは「抗がん剤でガンが治らない」という真実ですcrying


お医者さまは自分がガンになったら、抗がん剤を


うたないということを知っていましたか?


お医者様のほとんどが、抗がん剤は毒物だと言っていますsweat01


免疫が弱ってヘトヘトになってガンと戦っている人に、


抗がん剤を使い、さらに免疫力を殺す薬を入れるのだから、


治るわけがないとおっしゃっています。


抗がん剤をうたれる方は、ガンで死ぬのではなく、


抗がん剤で殺されているということにも驚きましたdash


これに関して、私としては、ガンでなくても


今飲んでいるお薬を見直す必要があると思いますsign03


薬を辞めれたらいいと思いますが、まずは今飲んでいる


お薬を少しずつ減らすことが大切だと思いますrock


また増えれば増えるほど副作用のリスクもあがります。


4種類以上の薬を飲んでいる方は、医学知識に及ばない


危険な状態にあるともいわれ、高齢者のほとんどの方は


薬を中止すると体調が良くなったとも聞きますup


残念ながら日本は、薬大国で予防医学が進んでいないのが


現状です。国際的に効能が認可されている薬が500種類に対して


日本は15000種類認可されています。


この原因が医療費赤字にも繋がると思いますnotes


だからこそ、一人一人が薬に対する知識を高め、


安易に薬に頼らないことが大切だと思いますgood


抗がん剤は増ガン剤と言われ、発がん性があるから、


他の臓器にも転移しているとも書かれていました。


お医者さまですら、ガンになっても抗がん剤を打たないのに、


知識が少ない我々には平気にうつのには疑問を感じますcrying


今後の日本は薬に頼るのではなく、予防に力を入れられる


国になってもらいたいと思いましたrock


若王寺鍼灸院も開院してからずっと、予防に力を


入れてきましたし、予防をどの患者様にも訴えてきましたcute


体の不調や痛みを感じるのではなく、日々のメンテナンスによる


快適な生活をずっと送って頂きたいと考えていますhappy01


体の痛みは内臓に負担がかかっているサインでもあるので、


是非メンテナンスをし、苦しい思いもせず、


薬に頼らない生涯を送って頂きたいと思います。


そのために当院がお手伝いさせて頂きますsign03


マッサージやカッピングやアロマ処方やトレーニングなど


多くのメニューであなたの生涯の健康をお約束しますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院は、不眠症の方におススメ!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますrock


今日は睡眠の大切さについてお話しますsleepy


当院の患者様の睡眠時間の平均が6時間と


聞いて驚きましたcrying


私は、8時間は寝れるように時間を作っていますeye


治療院を一人でやってからは、特に睡眠の質を心がけていますrock


体調が悪い時でも、閉めることができないので、


副作用が怖い薬は飲まず、アロマ処方と


十分な睡眠を取るおかげで、一日も休まず開院できていますup


そこで今日は、睡眠についてお話しますのでご覧くださいear


最近よく耳にする言葉が、「睡眠負債」ですsign03


睡眠負債とは、睡眠不足が続き、借金のようにたまる


蓄積した睡眠不足のことをいいますnotes


蓄積していくと、


パフォーマンス低下や病気のリスクを上げることになります。


また実験結果から、テスト前の徹夜は、脳の働きが低下し、


かえって記憶力低下につながると言われていますsweat02


また、睡眠負債は免疫システムにも影響し


がん細胞と戦ってくれるはずの免疫が働きが鈍くなることにより、


がん細胞に負け増殖してしまい最終的にガンになってしまいますdown


認知症も睡眠負債と関係します。


ではあなたは睡眠負債を抱えていないだろうか?


<睡眠負債の調べ方>


週末など休日前の夜に、光が入らないよう寝室の遮光をしっかりし、


時計や携帯など時間がわかるものを近くに置かずに寝てみてください。


次の日の朝、眠気がなくなるまで、ぐっすり寝てください。


(眠気が残っている場合は二度寝OK)


もし睡眠負債がある場合、普段より睡眠時間は長くなってしまいますweep


睡眠に理想的な環境では、体は自然に負債があれば返済しようと


するので、二時間以上長い場合は負債があると言えます。


もし負債があったならば、決して寝だめをするのではなく、


今までより少しでも早く寝ることを心がけて下さいdash


寝だめは、生活リズムが崩れ、普段の睡眠時間に影響を及ぼし、


結果的に負債を増やしてしまうことが考えられます。


理想は8時間ですが、それだけ寝なければと思うとストレスになり、


不眠にもつながるので、今の時間より少し増やす意識で


いいと思いますnote


先進国では特に日本は睡眠不足だと言われ、


経済力に影響も及ぼしています。


是非今日から、睡眠にこだわってみて下さいhappy01


もし、寝つきが悪いなら、若王寺鍼灸院にお越しくださいpaper


自律神経の調整をさせていただき、家用に個々に合った症状の


アロマクリームをプレゼントさせて頂きますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休