HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2017年11月

院長ブログ 2017年11月

西宮市の若王寺鍼灸院が痩せるために大切にしている代謝とは?

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsmile


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、「代謝」についてお話しますpencil


ダイエットをする方にとって代謝は


気になることではないでしょうか?


実はこの寒い時期の方が代謝は上がり


ダイエットには適しているのですrock


その理由は外気と体温の差に関係していますsign01


差が大きいほど温度に対応するために、


体が代謝を上げようとするので適していると言えますup


ここでさらに詳しくどうすると、代謝が悪くなるかをお話しますshine


<代謝が悪くなる原因>


食事のタイミングが不規則


同じ時間に食事をすることで、間食により多くのカロリー


を消費するように、体に教え込むことができるのではと言われます。


自分にとって適切な食事時間を決め、継続させることが大切です。


農薬を取ってしまっている


農薬の一部に体のエネルギー消費を妨げ、


体重を減らしにくくなる成分が含まれている。


無農薬の物を選ぶようにする


寝不足


睡眠不足になると体が安静時に使う


エネルギーまで減らしてしまいます。


生理中


鉄分が失われるので、筋肉が酸欠状態になり


活力まで急下降してしまいます。


ミネラル(色の濃い葉物野菜)を積極的に取る


食事量が少ない


痩せるために量を減らす方がいますが、最低でも一日1,200cal


は取らないと体内の燃焼を節約しようとし代謝も下がります。


カルシウム不足


カルシウムは、カロリーを消費すべきか、


脂肪として蓄積すべきかを判断するという


脂肪代謝の調節における重要な役割があります。


水分不足


水分なくして代謝を含むすべての細胞プロセスは


起こらないと言われています。


一日に2リットルは取るようにしましょう


朝食を抜く


朝食を抜くとランチを食べすぎてしまい、


血糖値が急に上がり、代謝率が下がります。


食べるものを意識し、少量でも


食べる習慣づけが大切です




以上のことが代謝に関係すると言われていますsweat01


是非ダイエットやボディメイクなどに興味を


お持ちの方は意識してみて下さいpaper


若王寺鍼灸院では、マッサージやトレーニングに


加え、体内へのアプローチも大切だと考えていますring


特にこだわっているのが、良質のミネラルと


良質のアロマです。こちらは予防医学が進んでいる


海外から取り入れていて、とても重宝していますcrown


是非本気のボディメイクを体験しにお越しくださいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院では足のお悩みにも対応しています!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsmile


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、若い方に多い足のお悩みについてお話しますpencil


最近若い方に増えているのが浮き指ですsweat01


浮き指とは、立っている時に足の指が地面から浮いている状態のことですsign01


こんなお悩みの方は浮き指の可能性がありますfoot


「立っている時のバランスが悪い」


「下半身だけやけに痩せない」


腰痛や肩こりなどがなかなか良くならない」


などの症状に悩まされている方はこの可能性がありますdash


ではなぜこうなってしまうのか?


運動不足


最近は便利な世の中になり、高機能な靴などが増え、


裸足で歩くようなことが減りました


また、歩かず車や電車などを利用する方が


増えるなどし、運動する機会が減ってきました


そのため、脚の筋肉が弱り、地面を取る動作が


減り、指が浮いてしまうのです


靴のサイズが合わない、スリッパをよく履いている


靴が脱げないように、足の指を上げてしまう動作が、


繰り返されることによって、硬直してしまい


浮き指の原因になります


浮き指は、外反母趾や内反小趾と違い


痛みがないため、自覚がない方が多いのが現状です



ではあなたは浮き指ではないかチェックしてみて下さいdanger



1-足の指の付け根の関節が出っ張っていないか?



2-足の指が90度以上反っていないか?


(正常で60度くらいです)



3-足裏の指の付け根にタコができていないか?




以上のことに当てはまっているとその疑いがありますup


この症状をほっておくとどうなるの


・指がうまく使えないと、全身の血流が低下し


冷えやむくみに悩まされ、次第に老廃物が滞るので、


太りやすくなりセルライトの原因にもなります。


・通常の歩き方(踵から着地し足の指で蹴る)ができず、


踵から着地し、足の指の付け根で蹴ってしまうことになるので


筋肉に疲労が溜まり疲れやすくなります。


・足のバランスが崩れるため、骨格が歪み、


肩こりや腰痛が発症しやすくなります。


当院での取り組み


歩き方指導から指のトレーニングなどをさせて頂いていますrock


歩き方が悪いだけでも膝にも負担がかかり、


治療をしてもなかなか良くならないのが現状ですcrying


そこで当院では根本的に治療をさせて頂いていますので、


痛みだけではなく、予防にも繋がっていると思いますshine


なかなか良くならない症状がありましたら、


是非当院にご相談くださいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院がお伝えする痩せるために必要なこととは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日のテーマは、「痩せるために意識すること」についてお話しますpencil


当院では、ダイエット目的で通われている方も多くおられ、


皆様にアドバイスさせて頂いている内容ですbook


私がトレーニング前に伝えることは血糖値についてですpaper


血糖値はダイエットをするうえで、とても重要ですkey


血糖値を理解し、安定させることができれば、


痩せることは簡単かもしれませんnotes


最近では、メディアでも血糖値が注目されつつありますsign01


血糖値には、インスリンが関係してきますcute


インスリンとは、脂肪細胞のエネルギー取り込み口を


思い切り開かせる作用を持っているので、インスリンが出る


=太りやすくなるということですsweat01


血糖値は血液中の糖の値のことです。


糖質を取れば、血糖値上昇につながりますup


つまり糖質(炭水化物)を取らなければ、インスリン


が出ることはなく、中性脂肪が増えることもないのですgawk


ダイエットでも、最近では糖質制限が流行っていますnew


私は、糖質を全くとらないやり方をおススメしませんdanger


なぜなら、糖質は車で例えるとガソリンのようなものですcar


ガソリンがないと車が動かないのと同じで、人間の体も


ある程度の糖質は必要なのですrock


そこで私が一日に必要としている糖質量は、


130gに設定しています。


この設定値なら、ほとんどの方は食後血糖が


正常値に保たれるようですgood


糖質とは、甘い物やでんぷんに含まれています。


そういった食材の制限を意識することでも


効果は出ると思いますok


その他、揚げ物に使う油を控えても肥満の予防に


ならず、逆に血糖値を下げる効果があると言われていますear


中性脂肪が増える=糖質の過剰摂取ということを考えると、


太る原因は油ではなく、糖質なのですsign03


また、脂質とタンパク質を食べるほど血糖値は下がるとも言われています。


若い方に最近増えているのが、食事にフルーツのスムージー


を飲むことです。実はそれが落とし穴なのですng


フルーツには、糖が含まれているからですfoot


だからこそ、取りすぎには注意してくださいwobbly


血糖値を安定させることができれば、


太ることはありませんし、生活習慣病の予防や


老化予防にも繋がります。またシワやたるみの


予防にも繋がりますsmile


以上のことから、とても血糖値は重要な役割がありますflag


私が設定している130g以下に抑えることで


健康と理想の体型が手に入りますsun


当院では、有酸素運動と筋トレで、あなたの


理想をサポートさせて頂いていますlovely


血糖値が上がるのは、食後なので、そのタイミングを


意識してみてはいかがでしょうか?


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院が腰痛にアプローチする部位とは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は患者様からの質問をお答えいたしますpencil


Q-腰痛の改善にどの筋肉を意識したらいいの?


皆様はどうお考えでしょうか?


私が最も重視している筋肉が大腰筋ですhappy02


今までの治療で大腰筋へのアプローチで、


腰痛や、ぎっくり腰の改善がみられましたrock


大腰筋とは、骨盤周りを逆V字形に覆っている筋肉の形をしていますup


お腹と下半身を繋いでいるのでとても重要ですshine


大腰筋は、座っていることが長いと、徐々に筋肉が縮こまり


硬くなってしまいますsweat02


インナーの筋肉であり、縮んでしまうと骨盤を前傾させてしまいますdown


さらに、猫背やお尻が出ているようにも感じてしまいますcrying


この縮んだ状態はとても危険ですbomb


体のバランスを取るために、体を反らそうとすると


今度は背中にも負担をかけてしまうからですsweat01


その結果、背中痛や腰痛を引き起こしてしまうのです。


綺麗な姿勢だけにとらわれ、姿勢を改善しても


長続きしません。なぜなら、大腰筋へのアプローチが


出来ていない限り、大腰筋は縮んだままで、


しっかり伸びず、背中に負担をかけてしまうだけなのですimpact


それほど大腰筋は重要なのですsign03


大腰筋の使われ方は、股関節を大きく曲げ伸ばしする際に使われるので、


大股歩きや階段の一段飛ばしが有効的ですrun


最近では便利な世の中のため、歩くことや、


階段を使う方が減っているからこそ、


腰痛も増えるのだと思いますpaper


腰痛にお困りなら、一度当院にご相談くださいfaxto


いくら、大股歩きなどを心がけても、大腰筋が


緩んだいない限りは、しっかり使えず


背中への負担が取れません。


そういった細かい部位へのアプローチを


得意としていますので、お任せくださいsmilegood


また予防へのトレーニングもお教えいたしますnew


是非当院で腰痛のない生活を手に入れて下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

1

« 2017年10月 | メインページ | アーカイブ | 2017年12月 »

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休