HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2018年6月

院長ブログ 2018年6月

西宮市の若王寺鍼灸院「皮下脂肪と内臓脂肪」について!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますrock


今日も若王寺鍼灸院にご来院されている患者様の


お悩みについてお答えいたしますpencil


今日のテーマは「内臓脂肪と皮下脂肪」についてですsign01


皮下脂肪は、お腹の皮膚の下にあり、内臓脂肪は腹部の内臓周辺にあります。


皮下脂肪はつまむことが出来ても、内臓脂肪はつまめませんsweat01


皮下脂肪は女性につきやすく、一方内臓脂肪は男性につきやすいのが特徴ですgood
 
 
暴飲暴食などで生活習慣が乱れると内臓脂肪は溜まりやすいものの、


減らすことも比較的簡単なんですが、皮下脂肪は一度ついてしまうと、


なかなか減らすことが難しいので、バランスの取れた食事や適度な運動を習慣化する必要がありますnew


中高年になると内臓脂肪はつきやすくなりますcrying


放置してしまうと血糖値と血圧の上昇や、


中性脂肪の増加、血管の劣化により、糖尿病、高血圧症、


動脈硬化といった生活習慣病の発症リスクが高まりますdown
 
 
内臓脂肪は、外見からは分からないため日々の生活習慣の見直しが大切ですeye


内臓脂肪の多い人は脳梗塞や心筋梗塞の死亡率が16~20倍といわれていますので、


できるだけ早い段階で予防・改善する必要がありますnotes


ではどうしたらいいのか?


実は、皮下脂肪と比べて内臓脂肪を落とすのは、難しくないのですok


ウォーキングや軽いトレーニングなどの有酸素運動をすることで落ちていきますrun


なぜなら、体脂肪を直接エネルギーとして使うためですshine
 
 
食事制限よりも内臓の位置を戻すことだけでも


ある程度結果が出ると言われていますdiamond


内臓脂肪がたまる方の共通点は、内臓の位置が下がっていることですsweat02


なぜ内蔵が下がるかと言うと、日常生活の姿勢が影響しますcoldsweats01


足を組んだり、横向きで寝るなどの姿勢は、


肋骨が広がってしまい、そこに空間ができ内臓が下がってしまうのです。

  
その結果、食事をすると胃が徐々に下がってしまい、


胃が下がってしまった分だけ空間が出来るので、


胃がその分大きくなってしまい、食べ過ぎ


結果的に内臓脂肪の蓄積に繋がりますdash


そうならないためにも、胃の位置が下がらないように


気を付ける必要があります。


日頃のクセが内臓脂肪の蓄積に繋がることを


覚えていてくださいmusic


その対処法がマッサージで筋肉を緩めることで、


予防策には有酸素運動が重要と言われています。


内臓脂肪の蓄積は外見では気が付かないだけに


日頃から食事や運動を意識する必要がありますsign03


特に年齢を重ねると病気などのリスクが上がりますので、


この日記を読んだ今から対策をして頂きたいと思いますenter


健康寿命を意識していただくためにも是非一度、


若王寺鍼灸院にご相談くださいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院「痩せるための注意点」について!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧いただきありがとうございますeye


今日も若王寺鍼灸院にお越しの患者様の


お悩みについてお答えいたしますpencil


今日のテーマは「痩せるために必要なこと」についてですsign01


筋肉を柔らかくし血流をよくすれば、


代謝が上り、脂肪燃焼にも繋がり、


理想の体型を手に入れることができますpaper


今回は痩せるための注意点をお伝えしますrun


どうして運動の継続が必要なの?
 
 
運動は継続しないと、筋肉量が落ちると同時に代謝も低下し、


逆に脂肪が増えてしまうのです。
 

なので週に二回でも継続させることが重要ですnew


痩せたいけど筋肉がごくつなるのが嫌な場合どうしたらいいの?


トレーニングをして本当にごつくなるには、体重以上の重量を


もつ必要があります。そうでなければなかなかごつくなりませんup


もし気になるようでしたら、ストレッチを多めに取り入れましょうsmile


そうすることで、しなやかな筋肉がつくので、見た目も良くなります。
 
 
また、同時に免疫力と代謝もアップするので、太りにくい体質になりますgood


また多くの女性は、食事制限だけをされますが、


それだけでは精神的にも肉体的にもよくありませんsweat01


食事の中身を考慮し、適度な運動を取り入れてくださいok


トレーニングがしんどいと思う理由とは?


トレーニングがしんどいと感じるのは、運動不足だからです。


そんな方はまずはマッサージを受けることが大切ですspa


運動不足になると当然脂肪が硬くなります。


マッサージされると体全体に痛みが走るという方は


まさに脂肪が硬い状態ですcrying


それだと血流が相当悪くなっているので、当然代謝も良くありません。

  
この状態からだとちょっとした運動では痩せにくいですthink


だからといって放置してしまうと、セルライトがたまります。

  
そんな方はまずはトレーニングよりマッサージでリラックスしてみてくださいshine

 
活動的な方はリラックスるする時間が少なく、身体に疲労が放置されたままの状態が続きますear
 
 
ストレッチやマッサージ、有酸素運動から始めると継続しやすいですdog


また女性に多い冷え性の場合は、食生活から見直してください。
 
 
お菓子やパンといった糖質に偏っているケースが多いので、


疲れがたまって元気がでないときこそ、食事の栄養バランスを見直してみてくださいrecycle

 
何をするにもストレスや嫌々やっていても効果はでにくいですsweat02


だからこそ、リラックスする時間や食生活から見直すことが大切ですdollar


そうすることで知らないまに健康的に痩せていき、


やがて理想の体型を手に入れることができるのですscissors
 

そのきっかけを若王寺鍼灸院でもお手伝いさせて頂きますfull


トレーニングやアロマやデトックス効果のあるカッピングやマッサージなど


若王寺鍼灸院の最高のおもてなしを是非ご堪能下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院「自律神経」について!

西宮市の若王寺鍼灸西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


今日もご覧頂きありがとうございますrock


毎回お送りするテーマは若王寺鍼灸院に


来院されている患者様のお悩みについて


書かせて頂いていますので、是非ご覧くださいeye


今日のテーマは「自律神経」についてですpencil


梅雨時は、湿度が高く体がしんどくなりやすい時期ですcloud


そんな時期に自律神経は乱れやすいのですdash


自律神経は循環器や消化器、呼吸器といった、


人間のありとあらゆる行動や臓器の働きを


24時間休むこと無くコントロールする役割を果たしていますenter


自律神経は、身体の活動している時や日中に優位になる交感神経と、


リラックス時や夜に優位になる副交感神経の二つの


バランスを保つことで心地良い生活ができますnote

 

では自律神経が乱れるとどんな症状が起こるの?


全身倦怠感


めまい


頭痛


動悸


下痢


不安感


緊張


イライラ


ふるえ


吐き気


などの症状をよく耳にしますear


ではなぜ自律神経が乱れるのか?


乱れる原因として、ストレスや生活リズムの乱れ、不規則な食生活、


運動不足、睡眠不足、加齢などが考えられますsweat01


また、最近では自律神経が乱れる原因で問題視されているのがスマホですmobilephone


スマホの長時間利用などで目が疲れ自律神経が乱れますwobbly


目と自律神経の関係とは、目の焦点を合わせる筋肉である


毛様体筋が自律神経が司っています。


したがって目を酷使することで毛様体筋が疲労すると、


自律神経のバランスが崩れてしまいますdown


その他、カルシウム不足呼吸も自律神経におおいに


関係していると思いますshine


カルシウムと自律神経との関係は、


カルシウムは緊張した神経を落ち着かせ、苛立ちを抑える働きがあります。


そのため、自律神経を乱さないためにも摂取は重要なことですnew
 
 

また呼吸と自律神経の関係は、


呼吸法には胸式と腹式の2つになるのですが、


当院に来院されている患者様のほとんどの方が、


呼吸の浅い胸式呼吸をされているように感じますweep


その理由はマッサージをしていて呼吸に必要な筋肉が硬いからですpaper


胸式呼吸では、交感神経が優位になり、
 
 
反対に腹式呼吸でゆっくりと息をすれば自律神経を


刺激して副交感神経が優位になると言われていますsign01


今一度呼吸を意識し、イライラや緊張などで交感神経が優位になっていると感じた時は


腹式呼吸を意識して自律神経のバランスを取るようにしてくださいshine


今回は若王寺鍼灸院の患者様に多い自律神経の乱れ


の原因をピックアップしてお送りしましたdelicious


以上のことを意識するだけで解消されます。


若王寺鍼灸院に来院された患者様も解消されていますsearch


今一度自律神経を意識した生活を送ってみて下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院「更年期障害」について!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


今日もご覧頂きありがとうございますshine


毎回お送りするテーマは若王寺鍼灸院に


来院されている患者様のお悩みについて


書かせて頂いていますので、是非ご覧くださいeye


今日のテーマは「更年期障害」についてですsign03


更年期とは、閉経期に卵巣の働きが著しく低下する時期です。


その期間は人によって異なりますが、だいたい10年程度とされていますsweat01
 
 
閉経期に入る前から、更年期障害特有の様々な症状に苦しめられる方も多いですsad


どうしてこんなことが起こるのでしょうか?


更年期に入ると卵巣の機能そのものが低下してしまうため、


エストロゲンを作ることができなくなり起こります。


エストロゲンというホルモンによって、女性ホルモンのバランスは保たれますdash


エストロゲンが低下すると更年期症状が出ますdown


更年期は誰にでも起こりうる症状と言えますpaper


しかし、更年期障害を感じない方も多々いますnote


ではどんな症状が更年期障害なのか?

のぼせ


発汗


手足の冷え


耳鳴り


めまい


頭痛


肩こり


などが代表的な症状ですear


この症状からも分かるように、自律神経も関係していますsign01


なので自律神経の調整こそが更年期障害の


解消に繋がるのですnew


更年期障害は、周りと本人を取り巻く様々な環境に大きく影響されます。


このため生活習慣や栄養のとり方、休養の取り方も見直す必要がありますdanger


個人差はありますが、長い方で更年期障害と7年ほど


苦しめられたという方もおられますweep


一人で悩みを抱えず、是非若王寺鍼灸院にご相談くださいfaxto


共に寄り添い解消に向けてお手伝いさせて頂きますrock


若王寺鍼灸院では、リラックス効果のあるアロマを使う施術や


ストレス解消のためのトレーニングや、自律神経の調整の


鍼灸やカッピングなどをさせて頂いていますfull


早期の解消に向けて共に快適な生活が


送れるように頑張っていきましょうlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休