HOME > 院長ブログ > 西宮市の若王寺鍼灸院が妊婦さんに食べて頂きたいものとは!

院長ブログ

< 西宮市の若王寺鍼灸院では、体力向上のお手伝いもしています!  |  一覧へ戻る  |  西宮市の若王寺鍼灸院に多い、足関節のお悩みとは! >

西宮市の若王寺鍼灸院が妊婦さんに食べて頂きたいものとは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日は、当院にも何人かお越し頂いている


妊婦さんに対して、食のアドバイスをさせて頂きますpencil


妊婦さんは妊娠すると、赤ちゃんにも栄養を与える必要があり、


食べるものに気を使わなければなりませんsweat01


では実際、どう気をつければいいのかお話しますdash


「脳」というのは、3歳までに約80%が完成しますshine


「心」が育まれる環境も、3歳ころまでには基礎が出来上がるそうです。


つまり3歳までは特に重要な期間ですsmile


しかし最近のお母さま方は、体型を気にしすぎて、痩せすぎている方が


多いように思いますsweat02


それによって、赤ちゃんに必要な栄養がいかず、


母体の低体重増加や低出性体重児の増加が問題になっていますdown


その背景に、胎児の成長が過剰にならないようにと妊婦さんの


体重制限がありますが、最近では適切な体重増加は必要と


考えになってきました。


だからこそ、しっかり栄養に対して知識をつけて頂きたいと思います。


最も重要なことは「DHA」「EPA」を意識的に取ることですsign03


これらは、妊娠中も産後も重要です。


主にDHAやEPAは魚に多く含まれていますgood


実験では、週に一回でも食べた方と、食べない方を比べた際


食べなかった方は、小児ぜんそくやアレルギー性皮膚炎にかかる


危険度がグーンと上がったそうですup


またDHAやEPAを多くとると、早産率が下がったり、


マタニティブルーが出にくくなるとも言われていますdelicious


マグロなどの大型の魚は水銀とかの不安があるので


控えた方がいいですpaper


また、肉の生食や不十分な加熱も要注意です。


生ものには寄生虫がおり、感染するとほとんどの確率で


胎児にも何らかの病気が発症してしまいますcrying


たばこやアルコールも控えるべきです。


お酒の摂取は、低出生体重児の確率が30%


上がるともいわれていますpaper


他にも、発達が遅れたり頭や顎が小さかったり、


前頭葉などの委縮するなどの障害も起こります。


前頭葉の働きには、思考や運動や感情など


をコントロールするところなのでとても重要な部位ですear


なので、控えて頂きたいと思います。


子どもの人生は妊娠中から始まっていますflair


是非、体型ばかりを意識するのではなく、


必要な栄養を取ることに意識を持っていってくださいscissors


若王寺鍼灸院では、栄養摂取も重要だと考えていて、


妊婦さんには、体型を気にしないように指導していますhappy01


なぜなら、産後の体型に戻すためのプログラムを持っているからですnotes


産後の体型はどうにでもなりますが、赤ちゃんの脳は3歳までに


できあがり、修正など不可能です。


妊娠中のお母様方は特に、今日から栄養を気にしてくださいfullmoon


元気な赤ちゃんを産むためによろしくお願いいたしますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02





< 西宮市の若王寺鍼灸院では、体力向上のお手伝いもしています!  |  一覧へ戻る  |  西宮市の若王寺鍼灸院に多い、足関節のお悩みとは! >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休