HOME > 院長ブログ > 西宮市の若王寺鍼灸院が恐れる心臓病の怖さとは!

院長ブログ

< 西宮市の若王寺鍼灸院が頭痛に悩まされている患者様が多い理由とは!  |  一覧へ戻る  |  西宮市の若王寺鍼灸院「更年期障害」について! >

西宮市の若王寺鍼灸院が恐れる心臓病の怖さとは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


今日もご覧頂きありがとうございますeye


今日のテーマは、季節の変わり目に多い


心臓病に関することについてお話しますpencil


他人ごとと思わず少しでも知識をつけて頂きたいですsearch


季節の変わり目に発症する心臓病の中で、


特に多いのが狭心症と心筋梗塞ですsweat01


心筋梗塞とは心臓の血管が狭くなり、血流が不足している状態で、


この状態が悪化すると血流が滞り心筋梗塞になりますdown


血管が詰まると細胞も死ぬので怖い病気ですdanger


特に一日の気温差が激しいとリスクは上がりますので、


今の季節が怖い病気だと言えますcrying


心臓病の発作は血管が収縮して血圧が高くなりやすい


冬場に多いと言われますが、実は一日の気温の温度差


が大きい方が発症しやすいので今の季節こそ要注意ですdash


心筋の酸素不足が短時間に回復すれば狭心症ですshock


血流が長時間途絶えて心筋に壊死するのが心筋梗塞ですbomb


どんな症状があるのか?


狭心症というのは胸部の絞扼を意味します。

 
胸が締め付けられるようになる状態になることで、左胸部に痛みを感じます。


痛みの持続時間は短く、安静にすることで軽快します。


心筋梗塞は、狭心症よりも重篤で、通常胸の痛みが30分以上続きます。


痛みの特徴は胸の中央部から裏側に重圧感、圧迫感、絞扼感や痛みがあり、


時々左の腕の内側に放散する痛みがあります。


まれに首や顎にも放散する場合があります。


では予防にはどうしたらいいのか?


この病気は、夜中から明け方に起こりやすく、


この時間帯は、気温が低く冷たい空気を吸い込むことで


起こりやすくなりますimpact


また高齢者や高血圧症、喫煙者の方も要注意ですpaper


なので、リスクを下げるためにも気温の変化を


少なくする工夫や生活習慣の見直しが重要ですshine


さらに細かく言うと、朝起きて洗顔する場合は温水を使ったり、


飲食の後は消化管や肝臓に多くの血液が必要となりますので、


食後すぐに運動することも控えるべきですrun
 
 
アルコール摂取も最初血圧が低下しますが、


酔いが冷めるころには血圧が上昇しますので要注意ですbeer


また、お風呂にも危険が潜んでいますspa


以下のことを意識してください


入浴前に脱衣室を温めて浴室内との温度差を少なくする

 
急激な血圧上昇を避けるため、入浴前に上半身、下半身に分けてかけ湯をする

 
お湯の温度は40度以下に

 
食後は三十分以上あけて入浴する


大量にお酒を飲んだら入浴は控える


などを意識してくださいnew


これらの病気は圧倒的に中高年、しかも男性に多い病気とされていましたが、


最近では若年層や女性にも広がってますthink


年齢に関係なく誰にでも起きやすい病気なので、


皆様に知って頂きたいと思い書かせて頂きましたrock


この知識をご家族の方に共有して頂けると幸いですlovely


若王寺鍼灸院よりheart02


< 西宮市の若王寺鍼灸院が頭痛に悩まされている患者様が多い理由とは!  |  一覧へ戻る  |  西宮市の若王寺鍼灸院「更年期障害」について! >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休