HOME > 院長ブログ > ダイエット > 西宮市の若王寺鍼灸院「おススメの歩き方」とは!

院長ブログ

< 西宮市の若王寺鍼灸院「脊柱管狭窄症」の予防とは!  |  一覧へ戻る

西宮市の若王寺鍼灸院「おススメの歩き方」とは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですsign01


ご覧頂きありがとうございますsmile


今日のテーマは「大股歩きの効果」についてですrock


最近では、忙しくて運動をする時間がない方が多いようですsweat01


若王寺鍼灸院でも、トレーニングを継続的にされている方も


いれば、時間がなくて継続できない方もおられますbearing


そんな方にアドバイスすることは大股で歩く


ようにして下さいということですrun


筋肉をつけたいのに時間がない方や、


ダイエットしたいのに継続できない方には


まず大股で歩くことを意識して頂きたいですnew


歩くことは嫌でもされていることなので、


是非大股歩きをしてみましょうdash


若王寺鍼灸院が推奨している


大股歩きで得られる効果とは?


下半身の引き締め


ウォーキングには、下半身の引き締める効果があり、


通常の歩幅より、1.3倍大股を心がけることで、


下半身の引き締めに繋がります。


また大股で歩くことで、腹筋・腹斜筋・背筋が働くので、


ウエストがひねられクビレにも効果があります。


むくみ予防


大股歩きにより、第二の心臓と呼ばれる


ふくらはぎの筋肉が働き、


足先にたまりがちな体内の水分がきちんと心臓へと送り返され、


むくみや冷え性予防につながります。



便秘解消


腸のぜん動運動が活性化されます。


腸のぜん動運動とは、便を押し出すための収縮運動のことです。


収縮運動が弱まることで


スムーズな便の排出が可能になり解消に繋がります。



若王寺鍼灸院が推奨する歩き方とは?


以下のことを意識して歩いてみましょう


足は踏み出すのではなく、蹴り出す意識


大股で歩くとは、足を大きく前に出すイメージをしますが、


ポイントは後ろ足ですsearch


後ろに残った足のつま先が地面から離れて前に振られていくと、


次の足が出ますが、後ろの足を前に出そうと足に力を入れるのではなく、


床からつま先が離れる際に地面を強く蹴ろうと意識をすると


より大きな筋肉を使う必要があるので


色んな効果が期待できますup


腕もしっかり振る


代謝アップにつなげるためには、大きな筋肉を使う必要があり


その大きな筋肉が股関節にある筋肉です。


働かせるためには腕を振ることが大切です。


腕を振ることで肩甲骨も一緒に動くので、


肩こりの解消に繋がり、肩甲骨が動くことで、


肩甲骨に繋がっている筋肉は骨盤に向かうので、


骨盤にも刺激が入るわけです。


そうなると運動量があがり、代謝にも期待できますnote


ただ腕をブンブンと降るのではなく、


身体が軽くねじれるように肘を体の前後に振ることがおススメですgood


ただ歩くだけではなく、少しの工夫をするだけで、


理想の体を手に入れることができるのですshine


時間がない方も歩くことはされていますので、


意識してみて下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02






カテゴリ:

< 西宮市の若王寺鍼灸院「脊柱管狭窄症」の予防とは!  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

西宮市の若王寺鍼灸院「皮下脂肪と内臓脂肪」について!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますrock


今日も若王寺鍼灸院にご来院されている患者様の


お悩みについてお答えいたしますpencil


今日のテーマは「内臓脂肪と皮下脂肪」についてですsign01


皮下脂肪は、お腹の皮膚の下にあり、内臓脂肪は腹部の内臓周辺にあります。


皮下脂肪はつまむことが出来ても、内臓脂肪はつまめませんsweat01


皮下脂肪は女性につきやすく、一方内臓脂肪は男性につきやすいのが特徴ですgood
 
 
暴飲暴食などで生活習慣が乱れると内臓脂肪は溜まりやすいものの、


減らすことも比較的簡単なんですが、皮下脂肪は一度ついてしまうと、


なかなか減らすことが難しいので、バランスの取れた食事や適度な運動を習慣化する必要がありますnew


中高年になると内臓脂肪はつきやすくなりますcrying


放置してしまうと血糖値と血圧の上昇や、


中性脂肪の増加、血管の劣化により、糖尿病、高血圧症、


動脈硬化といった生活習慣病の発症リスクが高まりますdown
 
 
内臓脂肪は、外見からは分からないため日々の生活習慣の見直しが大切ですeye


内臓脂肪の多い人は脳梗塞や心筋梗塞の死亡率が16~20倍といわれていますので、


できるだけ早い段階で予防・改善する必要がありますnotes


ではどうしたらいいのか?


実は、皮下脂肪と比べて内臓脂肪を落とすのは、難しくないのですok


ウォーキングや軽いトレーニングなどの有酸素運動をすることで落ちていきますrun


なぜなら、体脂肪を直接エネルギーとして使うためですshine
 
 
食事制限よりも内臓の位置を戻すことだけでも


ある程度結果が出ると言われていますdiamond


内臓脂肪がたまる方の共通点は、内臓の位置が下がっていることですsweat02


なぜ内蔵が下がるかと言うと、日常生活の姿勢が影響しますcoldsweats01


足を組んだり、横向きで寝るなどの姿勢は、


肋骨が広がってしまい、そこに空間ができ内臓が下がってしまうのです。

  
その結果、食事をすると胃が徐々に下がってしまい、


胃が下がってしまった分だけ空間が出来るので、


胃がその分大きくなってしまい、食べ過ぎ


結果的に内臓脂肪の蓄積に繋がりますdash


そうならないためにも、胃の位置が下がらないように


気を付ける必要があります。


日頃のクセが内臓脂肪の蓄積に繋がることを


覚えていてくださいmusic


その対処法がマッサージで筋肉を緩めることで、


予防策には有酸素運動が重要と言われています。


内臓脂肪の蓄積は外見では気が付かないだけに


日頃から食事や運動を意識する必要がありますsign03


特に年齢を重ねると病気などのリスクが上がりますので、


この日記を読んだ今から対策をして頂きたいと思いますenter


健康寿命を意識していただくためにも是非一度、


若王寺鍼灸院にご相談くださいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院「痩せるための注意点」について!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧いただきありがとうございますeye


今日も若王寺鍼灸院にお越しの患者様の


お悩みについてお答えいたしますpencil


今日のテーマは「痩せるために必要なこと」についてですsign01


筋肉を柔らかくし血流をよくすれば、


代謝が上り、脂肪燃焼にも繋がり、


理想の体型を手に入れることができますpaper


今回は痩せるための注意点をお伝えしますrun


どうして運動の継続が必要なの?
 
 
運動は継続しないと、筋肉量が落ちると同時に代謝も低下し、


逆に脂肪が増えてしまうのです。
 

なので週に二回でも継続させることが重要ですnew


痩せたいけど筋肉がごくつなるのが嫌な場合どうしたらいいの?


トレーニングをして本当にごつくなるには、体重以上の重量を


もつ必要があります。そうでなければなかなかごつくなりませんup


もし気になるようでしたら、ストレッチを多めに取り入れましょうsmile


そうすることで、しなやかな筋肉がつくので、見た目も良くなります。
 
 
また、同時に免疫力と代謝もアップするので、太りにくい体質になりますgood


また多くの女性は、食事制限だけをされますが、


それだけでは精神的にも肉体的にもよくありませんsweat01


食事の中身を考慮し、適度な運動を取り入れてくださいok


トレーニングがしんどいと思う理由とは?


トレーニングがしんどいと感じるのは、運動不足だからです。


そんな方はまずはマッサージを受けることが大切ですspa


運動不足になると当然脂肪が硬くなります。


マッサージされると体全体に痛みが走るという方は


まさに脂肪が硬い状態ですcrying


それだと血流が相当悪くなっているので、当然代謝も良くありません。

  
この状態からだとちょっとした運動では痩せにくいですthink


だからといって放置してしまうと、セルライトがたまります。

  
そんな方はまずはトレーニングよりマッサージでリラックスしてみてくださいshine

 
活動的な方はリラックスるする時間が少なく、身体に疲労が放置されたままの状態が続きますear
 
 
ストレッチやマッサージ、有酸素運動から始めると継続しやすいですdog


また女性に多い冷え性の場合は、食生活から見直してください。
 
 
お菓子やパンといった糖質に偏っているケースが多いので、


疲れがたまって元気がでないときこそ、食事の栄養バランスを見直してみてくださいrecycle

 
何をするにもストレスや嫌々やっていても効果はでにくいですsweat02


だからこそ、リラックスする時間や食生活から見直すことが大切ですdollar


そうすることで知らないまに健康的に痩せていき、


やがて理想の体型を手に入れることができるのですscissors
 

そのきっかけを若王寺鍼灸院でもお手伝いさせて頂きますfull


トレーニングやアロマやデトックス効果のあるカッピングやマッサージなど


若王寺鍼灸院の最高のおもてなしを是非ご堪能下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院がおススメする整体とは!ダイエット編

西宮市で口コミで評判の


若王寺鍼灸院院長の森本ですrock


<若王寺鍼灸院の院内紹介>

https://youtu.be/XwyiK8MlZks


今日もご覧頂きありがとうございますeye


今日は、体型にまつわることについてお話しますpen


最近では、ボディメイクが流行りトレーニングを


される方が増えてきましたnote


健康寿命を意識する意味でもトレーニングは大切ですdash


皆様の目的は様々ですが、ほとんどの方は痩せたいと


願っているのではないでしょうか?


若王寺鍼灸院のボディメイク希望の患者様


もほとんどの方がそれが目的でしたshine


そこで今日は、よく質問されることについてお答えしますsmile


Q1 どうしたら痩せられるの?


筋肉を柔らかくすることで、血行や血流がよくなり、


基礎代謝、免疫力、脂肪燃焼効率はアップします。


そうなると痩せやすくなり、肩こりや腰痛の予防にもなります。


Q2 筋肉をつけず痩せられますか?
 
 
女性は筋肉をつけるとごっつく見えるために嫌がる人が多いです。


しかし実際にごっつく見えるためには、重量をギリギリもてる


重さに設定しなければなりません。


そうでなければ筋肥大はしませんし、ごっつくなりません。


またストレッチを多めに取り入れることでも、


しなやかな筋肉がつくので、見ためもきれいになります。
 
 
Q3 食事制限は必要ですか?

 
食事制限だけで痩せようとする方がおられますが、


それはリバウンドの危険性があります。


制限するというのは、精神的にも肉体的にもしんどいです。


そのことを考えると、制限よりも


適度な運動を取り入れることの方が、無理なく痩せやすい体型になりやすいです。


Q4 運動とマッサージも併用すべき?
 
 
運動不足の方は、必然的に脂肪が硬くなります。


マッサージされると体全体に痛みが走るなんてことがありませんか?


それは、血流が相当悪くなっていて代謝も良くないからです。

 
ここまでくると、ちょっとした運動では痩せないので、


痩せるには時間がかかると思います。


もしそのまま放置してしまうと、それがセルライトになります。

 
Q5 どうして継続がしんどくなるの?


それは、リラックスして体を休められていないからです。

 
どんなに行動的であっても、やはり消費する量よりも摂り過ぎていたら次第に太ります。


また、すぐに結果を求める方は、結果をすぐに求めるがために、


活動的になり、極端にリラックスする時間が少なくなり、


身体の疲労が放置されたままの状態が続きます。


だから継続がしんどく感じるのです。
 
 
ストレッチやマッサージを加え、激しい運動ではなく


ゆったり楽しみながら気長に身体を動かすことが効果的です。

 
 
Q6 年齢は太る理由になるの?
 

もちろん代謝などは年々下がっていきますので、


関係はあると思います。

 
それ以前に年をとったら痩せなくなるのは、


昔に比べての運動量に関係があると思います。


年齢を重ねても、必ずみんなが太るわけではありません。

 
生活習慣や運動習慣が身についていたら、


年齢は関係ないと思います。


問題なのは、ほとんど運動していないのに、食べる量が多かったり、


一回の食事で食べる量は多くなくても、ちょこちょこお菓子をつまんだりすれば、


結果的に結構なカロリーを摂取することになります。




以上のことがよく患者様から頂く質問ですpaper


このことを意識して頂ければ、無理なく


簡単に理想の体が手に入りますsign03


そのきっかけを当院では作らせて頂いていますhappy01


何からしたらいいか分からない

なかなか継続できない

体に痛みを感じ辞めてしまった

効率よく鍛えたい

などのお悩みをお持ちの方は、若王寺鍼灸院でサポートさせて頂きますflair


当院の特徴は、整体や鍼灸やカッピングなどですぐにケア


出来るところですnotes


悪い姿勢での癖を取るのはもちろんのこと、


痛みが出たら継続させるのではなく、


すぐに施術を行い、痛みへの不安を取ってから


再開して頂けるところが強みでもあり、


そこが口コミでも評判になっているところだと思いますnew


是非今日から理想の体を手に入れるために


運動習慣をつけていきましょうlovely


若王寺鍼灸院よりheart02
 

西宮市の若王寺鍼灸院が行うライザップばりのアドバイスとは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日はライザップに行かなくても


理想のボディを手に入れる方法をお教えしますpencil


これを意識するとすぐに結果として現れますnote


是非ご参考下さいrock 
 
 
理想の体づくりのために、体脂肪を減らす方法とは!
 
 
 
そもそも体脂肪とは何ですか?
 
 
体脂肪は私たちの身体にとって絶対に必要な組織です。


中枢神経系や脳を含めた臓器を正常に機能させるためには、最低限の脂肪が必要ですup


これは、私たちの健康に欠かせないため、必須脂肪と呼ばれていますdash
 
 
脂肪は緩衝材や断熱などのためにも必要だが、


多すぎると糖尿病、心臓血管系の病気などを引き起こしますsweat01


腹回りの内臓脂肪は、臓器に巣食い、正常な機能を妨げるため、極力少ない方が理想ですnew
 
 
理想的な内臓脂肪の量は、女性なら25~28%、男性なら12~15%(アメリカ基準)です。
 
 
どんなことを意識したらライザップのように結果が出るのか?

 
食べ物からどれくらいのカロリーを摂取しているか見極める
 
 
どれくらい食べればいいのかは、個々の目標により変わります。


体脂肪を減らそうと思っているなら、今よりも摂取するカロリーを減らすのが普通です。
 
 
まずは3日間食べたものの記録をつけ、アルコールの量を減らし、


糖分の多い飲み物をやめることから始めてくださいgood

 
そこで覚えておいて欲しいのは、


体脂肪を減らすための日々減らさなくてはならないカロリー量は、


あなたの目標やライフスタイル、運動、医療的な状態などトータル的なものによって違うため、


いろいろやってみるが大切ですsearch
 
 
低脂肪食と、うたっているものを食べてはいけない
 
 
研究では、脂肪食でなく低脂肪食を食べても、それほど体重が減らないと言われていますcrying


その理由は、低脂肪食は脂肪食ほど満腹感を得られないため、続かないからだと言われます。
 
 
脂肪はタンパク質や炭水化物よりもグラム当たりのカロリーが高く、


このカロリー密度が食べ物をより満足感のあるものにしているということですshine
 
 
脂肪から摂る日々のカロリーは、30%程度が理想です。


脂肪、タンパク質、炭水化物などの主要栄養素が、


自分の摂取している日々の食事にどれくらい含まれているかを記録してみて下さいpen


※一日1800カロリーが目標なら、一日の脂肪量は60グラムになります。
 
 
 
脂肪量の例
 

・ピーナッツバター大さじ2=17グラム

 
・オリーブ油やキャノーラ油などのオイル大さじ1=14グラム

  
・アボガド1/4=7.5グラム
 
 
炭水化物の摂取もある程度少なくする
 
 
炭水化物は非常に重要な栄養素ですrock


考えたり、歩いたり、動き回ったりするエネルギーになりますrun


炭水化物は車で言うとガソリンの役割で、摂取しないと、動きませんcarsweat01


 
もっとエネルギーが必要なときは、炭水化物からできるエネルギーを、


グリーコーゲンに変え、貯めていきます。


グリーコーゲンのストックを使い果たしてさらにエネルギーが必要な場合は、


身体は脂肪を燃やして燃料にし始めますimpact
 
 
脂肪を減らそうとしているのなら、炭水化物やグリコーゲンをできるだけ分解して、


なるべく早く脂肪の燃焼をさせる必要があります。


炭水化物から摂る日々のカロリーは、30%が理想ですfull
 
 
 
食べているものにどれくらい炭水化物が含まれているかを知る
 
 
この数字を見るときは、炭水化物のトータル量から繊維量を引いて考えて下さい。
 
 
繊維はほかの炭水化物のように消化・代謝しないので、


引き算して残った数字が有効な炭水化物量となります。


例えば、炭水化物約15グラムなら...
 
 
・パン 1切れ
 
・フルーツ 小1切れ
 
・クラッカー 4~6枚
 
 
になります。

 
急激に血糖値が上下しない、


フルーツや豆類、野菜など血糖インデックスが55以下の炭水化物を含む食品を選びましょうenter
 
 
 
質のいい十分な睡眠をとる
 
 
質のいい適切な眠りは、身体のホルモンバランスを保ちますcarouselpony


ホルモンは代謝を整えるのに重要な役割で、


十分な睡眠がとれないと、ホルモンのシステムが崩れて脂肪を減らすこともできなくなります。
 
 
また、睡眠不足だと高カロリーの食べ物がやたらと欲しくなる傾向があるそうです。
 
 
 
負荷の高い有酸素運動をする
 
 
脂肪を効果的に燃やすには、負荷の高いインターバルトレーニングのほうがいいですpaper


身体がエネルギーを必要とするときは、


まず炭水化物からグリコーゲンをつくって貯蔵し、それを消費します。
 
 
グリコーゲンを使い果たすと、脂肪を燃やしてエネルギーを得ます。


きつい有酸素運動はエネルギー消費が激しいので、


より早くグリーコーゲンを燃やし、脂肪燃焼に繋がりますsmile


週に150分の高負荷有酸素運動するのが理想です。
 
 
30分を5回に分けてもいいですし、


10分を15回でもいいと思います。
 
 
 
筋力トレーニングを日課に組み込む
 
 
非常に代謝を活性化するため、筋肉はかなり特殊な組織と言われますnotes


つまり、立ち上がって、風呂場に歩いていくなどの筋肉を使う行為は、


たくさんのエネルギーを使います。


筋肉量が多いほど、同じ活動をしても燃やせるエネルギー量(つまりカロリー)が多いです。
 
 
約500グラム筋肉が増えただけで、一日に30~50カロリーよけいに燃やすことができますdiamond

 
 
最大効果をあげるために、大きな筋肉のトレーニングをする
 
 
脚、背中、腕に集中したトレーニングを優先するのが理想ですflair


これらは、大きな筋肉グループなので、この部分のトレーニングに集中すると、


腹筋運動を何万回もやって、お腹の小さな筋肉を増やすよりも、


さらに筋肉量を増すことができますsign03
 
 
必ず水を十分にとる
 
 
水分を十分に摂っていないと、効果的に脂肪を燃やすことはできませんdown


しっかり水を飲めば、血流が良くなり、脂肪も減りやすくなります。


以上のことをライザップでは徹底してされていると思いますnotes


是非あなたも理想の体型を手に入れるなら、


以上のことを意識してみて下さいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

 
 
 
 

西宮市の若王寺鍼灸院が教える、ダイエットでリバウンドしない方法とは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですbell


ご覧頂きありがとうございますhappy02


今日は、ダイエットをしても


リバウンドしてしまう理由についてお話しますpencil


正月太りが気になり、ダイエットを始めようと


考えている方も是非ご覧くださいeye


せっかく苦労して痩せても、元の体型に戻ったら、


努力が水の泡ですよねsweat01


そうなって欲しくないので、アドバイスさせて頂きますnew


リバウンドしてしまう理由とは・・・


①筋肉をつけようとしないから


筋肉をつけても、痩せず、大きくなると思われがちですが、実は


痩せられるのです。急な減量には期待できませんが、


脂肪の2㎏と筋肉の2㎏では重さが同じでも容量が大きく違いますsweat01


分かりやすく例えると脂肪がスイカの大きさなら、


筋肉はりんごくらいの大きさです。同じ重さでもこんだけ容量が違います。


つまり、ダイエットで体重にこだわらなくても、筋肉をつけるだけで


自然と痩せていくのです。数字ばかりを気にしてしまうと


なかなか思い通りの結果にはなりませんし、なったとしても


体には負担がかかりリバウンドする可能性は上がりますup


代謝が悪いとカロリーがなかなか消費されないので、


減らした体重を維持するのが難しいです。


筋肉量を増やすことが代謝促進の数少ない方法の一つですflair


有酸素運動を行えば体重は減りますが、そこに週3回の筋トレを


取り入れればさらに代謝は上がり、減量につながりますrun



②食事管理ができていないから


食事管理をするのには記録として残すことが大切ですpen


体重が減ると空腹ホルモン量が増加する一方で、


満腹ホルモン量が減少するので、代謝の遅れに加えて食欲が増して


食べ過ぎてしまう傾向にあるからですcrying


また、朝食が一日で最も大切な食事と言われていて、


朝食を取ると朝から代謝の調子が上がります。


朝食が遅れるとその分血糖値が下がり、


お昼には甘い物が欲しくなり、結果的に食べ過ぎることに繋がりますdown


食事として意識して摂取して頂きたいのがたんぱく質ですpaper


タンパク質はお腹を満たしてくれるだけでなく、


食欲も抑えてくれる作用があるので間食のリスクが低くなります。


それと同時に熱効果も発揮するので、


タンパク質の消化には炭水化物や脂肪の消化よりも多くのカロリーが消費されます。good


是非たんぱく質の摂取を意識しましょう



③睡眠時間が少ないから


基本的に免疫力を上げるためにも最低でも7時間の睡眠が必要ですsleepy


一晩の睡眠時間が平均3~5.5時間の人々の翌日のカロリー摂取量は、


7~12時間眠った人々よりも385kcal多いことが研究結果から分かっています。


また睡眠時間が短い方ほど、栄養価がほとんどなく、


カロリーだけ高い食品を手にする傾向があったとも言われています。


これは、睡眠時間が少なければ少ないほど、空腹ホルモンのレベルが高くなるからです。


また、睡眠が足りていないと、ムードを安定させるホルモンのセロトニンが回復しませんsweat02


セロトニン値が低い場合、炭水化物や甘い物食べて、その不足を補おうとし、


結果的にリバウンドにつながりますbomb


ですから実は睡眠時間もダイエットには大切ですrock


以上3点のことを若王寺鍼灸院では、意識してもらい


ダイエットやボディメイクをサポートさせて頂いていますhappy01


是非理想の体型を手に入れたいとお考えなら、


若王寺鍼灸院にお問合せ下さいfaxto


トレーニングからケアまでサポートさせて頂きますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02














若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休