HOME > 院長ブログ > 10ページ目

院長ブログ 10ページ目

ガンに負けない体づくりを始めませんか?

ご覧頂きありがとうございますnote


今日は筋肉の大切さについてお話しますeye


皆様はがんの患者を見たことはないでしょうかsign02



がんの方は病気が進行してくるとやせ細ってしまうのですsweat01


ではなぜ痩せ細ってしまうのだろうかsign02


実は単に食欲が衰えるだけではありませんpaper



病状が進行していくと、筋肉をエネルギー源として食べてしまうのですsign01


なので、筋肉が多い腕や太ももや腰回りはどんどん痩せてしまいます。


つまり、筋肉の衰えが死を早めてしまうのですdash


マウスでの実験で、がん細胞を移植し、



そのマウスに筋肉増強剤を投与したマウスと、



していないマウスを比べてみると、


投与していないマウスは衰弱したのに対し、


投与したマウスは筋肉量と体重が維持され、


10%しか死ななかったそうですrock


つまり生存率は上がったということですup


このことから、筋肉は体を動かすだけではなく、


がん細胞とも戦ってくれるのではないかと思いますnew


また運動をしている人は、将来のがん発症リスクが低くなると言われていますhappy01


世界でもがんに対して、運動の効果が確実にあると言われていますshine


皆様は運動やトレーニングは出来ていますかsign02


ディスクワークが多い仕事で筋肉を使わない方が多いように思いますdash


そうなると、代謝機能疾患や神経系の疾患リスクも上がります。


誰にだってガンになる時代だからこそ他人事だと思わないでくださいcoldsweats02


また予防や改善が筋肉を付けることで、


期待できるということも覚えていてくださいhappy02


まだ遅くないので今日からトレーニングや運動をして、


がんになっても対応できる体作りを始めませんか?


若王寺鍼灸院でもお手伝いさせて頂きますlovely


ガンなんて怖くないと思える時代が来ることを願っていますbell


若王寺鍼灸院よりheart02








西宮市の若王寺鍼灸院で姿勢のお悩みを解消しましょう「枕の調整」編

ご覧頂きありがとうございますsun


前回から二回に分けて理想の寝方を説明させて頂きましたが、


見て頂けましたでしょうか?


三回目の今日は正しい枕の合わせ方をご説明させて頂きますrock



上向きでも横向きでも理想的な姿勢に、


なれる高さを探すことが大切ですsign01



まずは、バスタオルで首の高さを調整して頂きたいので、



バスタオルをご準備くださいshine



<上向きでの枕の調整法>


バスタオルを肩口ギリギリまでしっかり入れて下さい。


バスタオルの横幅は50~60cmくらいで寝返りをうっても


頭が出ない幅なのかを確認してください。


ここで重要になってくるのが肩甲骨の角度です。


布団を基準に肩甲骨から後頭部の角度が、15~20°位が理想です。


それよりも角度が高いと、筋緊張しリラックスできていないと言えます。


理想の角度に合わせて、バスタオルを巻き高さを調整してください。


最後に喉が詰まる感覚がないかや、呼吸が楽かもチェックしてみて下さい。


ストレートネックの方にもおススメの調整法です。


<横向きでの枕の調整法>


上向きで調整した角度が横向きになった際にも、


使えるかがポイントです。


横向きになると首がねじれると高さを調整しなおす必要があります。


ねじれると言うことは筋肉が硬くなっているということです。


横向きで寝ている状態で首を触ってみると緊張しているかが分かると思います。


何度も寝返りをしてもしんどくなければ、


それがあなたの理想の枕の高さです。




また枕の高さはいいが腰が痛いと言う方もいますsweat01



そんな方は上向きの際は、膝の下に枕やクッションを敷いてみて下さいclub



横向きでは、膝を曲げて腰を曲げるように寝ると軽減できますup


この時期は寝苦しい日が続くだけに、睡眠の質が落ちますが、


落ちないためにも枕を調整し水分を取って寝て頂きたいですhappy01


是非今日から寝ることにこだわり、


質のいい睡眠をしてくださいlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

一生懸命やった結果です!



ご覧頂きありがとうございますnote


今日は、若王寺鍼灸院の取り組みについてお話しますpaper


最近若王寺鍼灸院では、健康寿命を伸ばし、寝たきり予防のために、


色んな施設に回り、取り組みを報告させて頂いていますsweat01


この感想を書いて頂いた方も、寝たきりにはなりたくなく、


脳梗塞をされ、少し後遺症はあるみたいですが、


頑張ってトレーニングに励んで頂いていますdash


字も書きにくそうでしたが頑張って書いて頂きましたsign01


ちっぽけな取り組みかもしれませんが、筋肉を付ける必要性を理解して頂き、


頑張って良くしようと思って頂けているだけに、


身が引き締まる思いですshine


まだまだ、取り組みは小さいですが、皆様に健康寿命の大切さを


知って頂けるように頑張りますsign04


そこで、皆様の周りでお困りの方を紹介して頂ければと思います。


治療院での治療は勿論のこと、通院できない方向けに


往診もさせて頂きますfullmoon


私は、全ての携わっている患者様を家族だと考えていますrock


だからこそ、甘やかしませんし、感謝の気持ちを忘れず、


向き合っていますeye


厳しさが患者様のためになっていくと信じていますdiamond


是非私にお困りの方をご紹介ください。


責任をもっていい状態に導きますlovely


お問い合わせ 0798-39-8367faxto


若王寺鍼灸院heart02




西宮市の若王寺鍼灸院で姿勢のお悩みを解消しましょう「寝方②」編

ご覧頂きありがとうございますnote


今日は昨日に引き続き理想の横向きでの寝方に対してお話しますrock


まず理想の横向きでの寝方なのですが、


枕を使い、首に過剰なひねりやねじれがなく、


顎も軽く引けた姿勢がベストですhappy01


枕を使わないと、首のベッド側へのひねりが強くなり、


胸椎にも影響を与えますsweat01


天井側の首は逆に伸ばされてしまいます。


この姿勢が続くと側弯症や骨盤のずれにつながる可能性がありますdash


逆に枕が高くても、側弯症や骨盤のずれに繋がります。


また同じ方向ばかり見て寝るのも、良くなく


同じ筋肉だけが筋活動が過剰になりバランスが崩れますdown


このようなことを考えると寝ることは


ある意味一番神経を使うのかもしれませんpaper


寝ている際は姿勢を意識できないわけですから。


しかし、細かな姿勢を意識できると自然と体の使い方がうまくなりますsign03


是非心がけることから始めて下さいnotes


明日は枕の調整法をお伝えしますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院で姿勢のお悩みを解消しましょう「寝方」編

ご覧頂きありがとうございますnote


最近暑さで、寝苦しい夜が続きますねsweat01


しかし、疲れを取るには睡眠の質を上げる必要がありますpaper


そこで今回は、理想の上向き姿勢での寝方をご案内しますsign01


まず理想の上向きでの寝方は、首に過剰な屈曲や伸展がなく


立っているよりやや首の前弯を減らし、顎を軽く引いた状態が理想ですflair


この状態にするには、枕が必要になってきます。


枕がなかったり低いと、顎が上がる姿勢になってしまいますsweat02


この状態だと、舌が中に入り呼吸を妨げ、将来的に嚥下障害をきたしますweep


逆に枕が高いと、首が曲がり結果的に腰椎の反り自体がなくなります。



だから朝起きたら腰が痛くなるのです。



また、この姿勢が原因でストレートネックやなで肩の原因になりますdash


このようなことから枕選びは慎重にするべきですし、


こだわるべきだと思います。



また枕が良くても、寝具が柔らかすぎると体が沈み込むので


そこにも注意を払ってくださいpaper


次回は横向きの正しい寝方をご紹介しますsign03


皆様に快適な睡眠が送って頂けるようにアドバイスさせて頂きますので


これからもよろしくお願いいたしますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02

西宮市の若王寺鍼灸院で姿勢のお悩みを解消しましょう「平背」編

ご覧頂きありがとうございますnote


今日も姿勢についてお話しますsign01


皆様は、ストレートバック(平背)という言葉をご存知でしょうか?


字の通りストレートバックとは、生理的湾曲がなく、


背骨がフラットな状態(通常は脊柱はS字カーブしています)のことです。


生理的湾曲がないと、腰の衝撃吸収作用が低下し、


痛みが出やすくなりますsweat01


また腰部のヘルニアを発症しやすくなります。


どんな姿勢でなりやすいの?


座っている姿勢や立っている姿勢が、常に胸部から頭部が、


前かがみの姿勢になっている方


にストレートバックは起きやすいですpaper


またストレートバックになると体の構造的に


腰骨の位置が通常より高い位置になり、


ズボンをはいたとき腰パンのようになってしまいますdash



<症状>


腰を痛めやすくなる


頚部や頭部のアライメントの崩れによる顎関節症


などをよく訴えられます。



硬くなりやすい筋肉


ハムストリングス



弱くなりやすい筋肉



股関節屈筋群




若王寺鍼灸院でもこのような姿勢からくる痛みを訴えられる方が多いですear



しかし、背骨の配列からくる痛みとは気づかないのですdespair



是非一度気になる症状がありましたら当院にお越しくださいfaxto



筋肉を柔らかくしたうえ、トレーニングで弱った筋肉を鍛えさせていただきますlovely





予防に力を入れている若王寺鍼灸院よりheart02





西宮市で姿勢にお悩みなら若王寺鍼灸院へ「骨盤後傾」編

ご覧頂きありがとうございますsign01


第二回の今日は骨盤後傾に対してお話したいと思いますear


チェック法ですが、前回説明させて頂いたように、


壁にもたれて頂き、


壁と腰のすき間に余裕がほとんどなく、


手が途中で引っかかってしまうと、骨盤後傾と言われますdash


骨盤後傾により硬くなる部位


・ハムストリングス


・内腹斜筋上部



骨盤後傾により鍛えるべき筋肉


・股関節屈筋群(前面)


・外腹斜筋


・殿筋


・背筋



骨盤後傾が及ぼす症状とは


・首への椎間関節への負担


・首の椎間孔への狭窄によるしびれ


胸郭出口症候群


・腰椎の椎間孔の狭窄


などが症状が現れます。


日頃の姿勢から気を付けることが最大の予防になりますpaper


長時間の立位姿勢での仕事や、座り仕事でも浅く腰掛ける方に多く


骨盤後傾が見られ、


また足を組むことや片脚重心で立つ方も要注意ですsweat02


この姿勢がお尻が垂れる原因でもありますcrying


女性が特に気にされる症状ですsign03


是非若王寺鍼灸院で、理想の引き締まったヒップを手に入れませんか?


短期間で手に入れて頂きますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02


西宮市で体型にコンプレックスをお持ちなら若王寺鍼灸院へ「夏は実は・・・」

ご覧頂きありがとうございますnote


今日は、患者様の質問に対してお答えしますeye


Q夏は痩せやすいのsign02


結論から言うと、夏は痩せにくく太りやすいですsweat01


では、なぜ太りやすいのか?




one基礎代謝が落ちやすいから


夏は気温と体温の差が少ないので、体温維持するために使う


エネルギー消費が減り、代謝が下がるため脂肪がたまりやすいのです



two暑さによる行動範囲が減る



three冷たいものを取りすぎることで、内臓の働きが弱り、消化不良や


代謝の低下が起こる




four暑さによって、水分を取りすぎてします



実は、水分を取りすぎると、代謝の働きが鈍くなり


代謝しきれなかった水分は溜まり、むくみや体重増加に繋がります



five寝不足による代謝低下




sixビタミンやミネラル不足



ビタミンやミネラルは意識的に摂取しないと体内で作られることができず、


現代人は不足しているのが現状ですsad


ビタミンやミネラルは、体に脂肪を貯めにくくしてくれる働きがありますsign03


しかし、汗をかくことで体外に流れ出てしまうのです。


だからこそ、夏は多く汗をかく分、しっかり意識的に



摂取しないと不足し、脂肪がたまり太りやすくなりますear




以上のことが原因で実は夏の方が痩せにくいのですdash


それをふまえて若王寺鍼灸院では、ミネラルの摂取も


して頂き、マンツーマンでトレーニング指導もさせて頂いていますpaper


気になる方はまずはお問合せ下さいfaxto


是非若王寺鍼灸院で、健康な体と理想の肉体を


手に入れて頂きたいと考えていますlovely


若王寺鍼灸院よりheart02






















西宮市で姿勢にお悩みなら若王寺鍼灸院へ「反り腰」編

ご覧頂きありがとうございますeye


今日から何回かに分けて姿勢についてお話しますrock


第一回の今日は骨盤前傾(反り腰)についてのお話ですsign01



<反り腰のチェック法>



裸足で壁から踵を5cmから7cmほど離してまっすぐ立ち、


頭と背中とお尻を、壁にぴたっとくっつけて、


壁と腰の隙間に手を入れた際に、手のひら一枚分がぴたりと入る、


もしくは手首くらいで止まるくらいが理想ですup


手のひらが二枚以上入ると反り腰と言えます。



あなたはどうでしたか?


次に反り腰に対しての症状とアプローチについてお話しますsign03



骨盤前傾によってどうなるの?


・姿勢の維持に必要な筋肉が疲労する


・鎖骨と肋骨の間の神経が圧迫を受けやすくなる


・額関節痛がおきやすい


・脊柱に負担がかかり、頸部痛がおきやすくなる



<硬くなる筋肉>



脊柱起立筋・股関節屈筋群



<鍛えるべき筋肉>



腹筋群・ハムストリングス




これらを意識してエクササイズしていくことで改善されますpaper


詳しくは、若王寺鍼灸院にお越しくださいphoneto


無理な姿勢や悪い姿勢が身につくとケガに繋がるので


まずは見させていただきたいと思いますhappy01


マンツーマンのトレーニングで、理想の体を手に入れていきましょうnotes



若王寺鍼灸院よりheart02



西宮市で姿勢にコンプレックスをお持ちなら若王寺鍼灸院へ

ご覧頂きありがとうございましたshine


今日は、姿勢についてお話しますrock


まずどうして姿勢が崩れるのでしょうか?


それは、日常生活のちょっとしたクセや、無意識のうちに


身についた動かしやすい運動方向への反復動作、


同じ姿勢を取り続けることで、筋肉が緊張し、


収縮した状態が持続してしまうからですsweat01


この姿勢不良が原因で、体の歪みや痛みが出ますthink


特に姿勢が崩れると肩こりや腰痛になりやすくなりますdash


なりやすくなる原因が、姿勢が崩れることに加え、筋力低下もおこるからですdown


特に昔に比べて便利な社会になりつつあるので、


筋力を使わなくなっているのですsign04


約5キロの頭と約8キロの両腕を、


肩回りで支えないといけないのですが、


不良姿勢により、肩回りの筋肉も弱くなり、次第に猫背になってしまうのですgood


その上、精神的な疲労や、栄養バランス、さらには寝不足


まで重なり体に不調をきたしますcute


昔の時代では少なかった症状が今増えているのは


このようなことが原因ですsign01


そのために若王寺鍼灸院では、姿勢改善に必要な


トレーニングをさせて頂いているのですhappy01


簡単なトレーニングを若王寺鍼灸院に来られた時に


行うだけでも効果は出ますbell


是非これを機に、姿勢の改善と痛みのない生活を手に入れませんか?


理想の体型を手に入れて頂くためにお手伝いさせて頂きますlovely


若王寺鍼灸院より
heart02

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休