HOME > 症例集 > 寝違え

症例集

< 胸郭出口症候群  |  一覧へ戻る  |  頚椎症 >

寝違え

<特徴>
寝違えとは、寝ている間にわきの内側を走る腋窩神経の圧迫で起きます。いわゆる血行不良です。短期間で痛みは消えますが、こんな症状でしたら施術が必要です。
首に違和感があったのが、だんだん痛くて動かせなくなってきた
数日経過しても痛みが治らない
動かした瞬間に首にピキッと違和感が出てきた
首が痛くて仕事や家事に支障がある

<原因>
特に寝違えやすい方はストレートネックの方です。骨がまっすぐだと衝撃が受け止められず、神経や筋肉に負担をかけることになります。
この状態の多くは日頃の生活や、姿勢、ストレスなどから体に負担がかかっていると言えます。

<当院の取り組み>
急性期はアイシングと局所を施術するのではなく、痛みの原因であるゆがみや悪い癖へのアプローチをし、クセにならないように指導しています。

< 胸郭出口症候群  |  一覧へ戻る  |  頚椎症 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休