HOME > 症例集 > 頚椎椎間板ヘルニア

症例集

< 頚椎症  |  一覧へ戻る  |  頚肩腕症候群 >

頚椎椎間板ヘルニア

<特徴>
椎間板とは首の骨と骨の間にある、ゼリーのようなものです。
椎間板ヘルニアとはゼリーが破けて神経を圧迫し痛みをだしている状態の事を言います。
上を向いておでこに手のひらを乗せて、首の骨の方を向いて押すと痛みや痺れが悪化すると疑われます。
Ç5-6>Ç6-7>Ç4-5の順に起きやすいです。これらは、頸椎前弯のほぼ頂点で、可動性が大きいからです。

<症状>
しびれ・痛み・感覚異常・筋力低下・運動麻痺などです。
左右片方の手や肩部分に、強い痛みやしびれが起きる

<原因>
姿勢の悪さ
スポーツ
交通事故やケガ
加齢による骨の老化

<当院の取り組み>
姿勢の改善により痛みは軽減できます。もし神経根の圧迫ではなく、脊髄を圧迫していたら手術が必要です。その際は左右両側に現れます。基本は首を後ろ側に倒さなければ圧迫されません。

< 頚椎症  |  一覧へ戻る  |  頚肩腕症候群 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休