HOME > 症例集 > 頚肩腕症候群

症例集

< 頚椎椎間板ヘルニア  |  一覧へ戻る  |  腱鞘炎 >

頚肩腕症候群

<特徴>
頚肩腕症候群とは、さまざまな原因によって、首、肩、腕にかけてのこりや痛み、痺れなど、はっきりとした診断がつきにくい病気の総称です。
肩こりがひどい、首、背中の筋肉が張って痛い
手・指がしびれる
手の力が入りにくい
腕の筋肉が重だるい、動かすと痛む
腕や手の冷え感
頭痛、めまいなどが主な症状です。
 
<原因>
頸椎椎間板の異常、首・肩周辺筋肉の疲労、ストレス、内臓疾患などです。
打撲による外傷、むち打ち症のあとや、首や肩に負担のかかる長時間の同じ姿勢による特定の筋肉の疲労によるものも考えられます。

<当院の取り組み>
主に体のバランスを調整します。運動不足や冷えやストレスがたまっていることも関係します。なので全体のバランスを診させて頂いています。

< 頚椎椎間板ヘルニア  |  一覧へ戻る  |  腱鞘炎 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休