HOME > 症例集 > ばね指

症例集

< ドケルバン病  |  一覧へ戻る  |  橈骨神経麻痺 >

ばね指

<特徴>
このバネ指という指の障害は指をよく使う人に多く見られる症状です
ゴルフ 野球 テニス など棒状のものを強く握るスポーツをされている方
編み物など日常や仕事で指をよく使う方
更年期を過ぎた女性や、周産期の女性
糖尿病や腎透析などの内科的疾患がある方に起こりやすいです。
朝指が曲がったまま伸びなかったり、指の付け根が引っかかる感じがあって痛い。
手を添えないと伸ばせない。手の平に痛みがあるとばね指です。
 
<原因>
手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが腱鞘(けんしょう)と呼ばれるものです。
簡単に例えると、ベルトが腱でベルト通しが腱鞘の役目をしています、ベルトに丸いコブのようなものが出来たらベルト通しベルトが通らない状態がバネ指になった状態です。

<当院の取り組み>
原因の一つに指の使い方の悪さが挙げられるので、筋肉を緩め、正しい動かし方を導くことをしていきます。しかし、指を使いすぎると動かすたびに腱と腱鞘に摩擦が起こり、炎症を引き起こすので、使わないことも大事です。

< ドケルバン病  |  一覧へ戻る  |  橈骨神経麻痺 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休