HOME > 症例集 > 変形性肘関節症

症例集

< 肘部管症候群  |  一覧へ戻る  |  野球肘 >

変形性肘関節症

<特徴>
長年の使用や肘へ繰り返される負担によって、軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じます。
長時間の作業や、スポーツなどで無理をした時などに肘関節に痛みが出ます。
変形が進行するにつれて関節の動きが制限され、肘が完全に伸ばせなくなったり、洗顔や食事に支障が出ます。
 変形に伴い肘の内側で尺骨神経の圧迫による麻痺を生じ、手の力が入りにくくなったり、4指と5指にしびれがでることもあります。

<当院の取り組み>
変形している以上完治は難しいですが、筋緊張を取り、可動域を広げていくことで、生活に支障は出なくなります。

< 肘部管症候群  |  一覧へ戻る  |  野球肘 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休