HOME > 症例集 > シンスプリント

症例集

< バックハンドテニス肘  |  一覧へ戻る  |  アキレス腱炎 >

シンスプリント

<特徴>
足の筋肉は、走ったり、歩いたり、ジャンプをする時によく使います。その動作をするたびに緊張をして、すねの骨膜を引っ張ります。
この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が続くと、引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、シンスプリントになるのです。
下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生します。痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まり、筋肉が骨に付着するラインに沿って痛みます。
原因としては、悪いランニングフォーム,足に合わない靴,クッション性のないシューズ、コンクリートでの走り込みやトレーニング,筋肉の酷使,筋力不足,柔軟性不足,扁平足,回内足,O脚などが挙げられます。

<当院の取り組み>
ふくらはぎを緩める以前に、腰や太ももも緩めていきます。
なぜなら体の中でも大きな筋肉で、衝撃吸収をしてくれているからです。  
走れば走るほど、腰や太ももに負担が入り続けます。
 その筋肉が耐えられなくなり、やがてふくらはぎの筋肉にダメージが蓄積して、
痛みが出ていると考えると重要です。そして、柔軟性を上げて再発防止をしています
。またトレーニングにタオルギャザーなども取り入れます。

< バックハンドテニス肘  |  一覧へ戻る  |  アキレス腱炎 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休