HOME > 症例集 > アキレス腱炎

症例集

< シンスプリント  |  一覧へ戻る  |  腓骨神経・脛骨神経麻痺 >

アキレス腱炎

<特徴>
アキレス腱炎は使いすぎによるオーバーユース症候群のひとつです。
主に加齢変化のひとつである腱の変性がベースにあるため、中年以上の市民ランナーやウォーキングをしている人に多く発症します。
使いすぎが原因しているために、運動量と発症には密接な関係があり、不適切なトレーニングも原因です。また、ハムストリングスやふくらはぎの硬さ、扁平足などの足部変形も原因のひとつになります。

<症状と当院の取り組み>
運動後や朝起きて歩き始める際にも痛みが出ます。
また足関節背屈で痛みが増強します。
基本的に安静にしていたら治りますが、再発する恐れがあるので、足関節の調整をすべきです。痛みがひどければ、踵の高いい靴を履くといいです。

< シンスプリント  |  一覧へ戻る  |  腓骨神経・脛骨神経麻痺 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休