HOME > 症例集 > オスグット・シュラッタ病

症例集

< ランナー膝  |  一覧へ戻る  |  ジャンパー膝 >

オスグット・シュラッタ病

<特徴>
 脛骨粗面と脛骨の接点の骨の隆起が突出して痛みと腫脹が現れる病気で、成長期のスポーツ少年(10~15歳)に多く発症します。スポーツの種目としては、ジャンプ、キック、ダッシュの動作の多い、サッカー、バスケットボール、ハンドボール、陸上競技などによくみられます。
 発症のメカニズムは、骨の成長に筋肉や腱の成長が追いつかないため膝蓋腱を通して脛骨粗面にかかる力が大きくなり、脛骨粗面が隆起します。

<当院の取り組み>
主に四頭筋への施術より、一連の動作に必要な股関節、膝関節、足関節の調整を行います。患部の痛みより再発の方が怖いからです。各関節の動きを良くすることが一番よくなると考えています。

< ランナー膝  |  一覧へ戻る  |  ジャンパー膝 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休