HOME > 症例集 > 腰痛

症例集

< 腰部脊柱菅狭窄症  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰 >

腰痛

<特徴>
腰痛の原因としては加齢・脊椎の異常・筋肉・神経・内蔵・椎間板障害・外傷・感染症・炎症・先天異常があります。
もし、内臓の病気が原因になっている時は、安静にしていても寝ていても痛む、あるいは動作に関係なく痛むといった特徴があります。
その中で特に多い症状を取り上げます。それが関節由来の痛みです。
関節性の腰痛には種類があります。
・椎間板性疼痛=立っていると痛みが少なく歩くことも可能です。むしろ座っている方がつらいと感じます。ひねると痛みをおぼえることが多いです。
・椎間関節性疼痛=後ろに反ったり横に傾けると痛みを感じます。
・仙腸関節痛=体重が乗ると痛みをおぼえます。また足を大きく動かしても痛みます。
これによってもアプローチの仕方が変わります。
また、腰が痛いと座っているほう楽というイメージは強いのではないでしょうか?
実は、身体の構造的に腰にかかる負担は立っている時よりも座っている時の方が強いのです。
具体的にいうと、立っていると体重の約1.5倍が。座っていると体重の約2倍が腰に負担がかかると言われています。
立っていると上半身の重みは腰だけでなく股関節、膝関節、足関節といった場所に分散されるのですが、座っていると上半身の重みを支えるのが腰になってきますので当然腰にかかる圧力は大きくなります。

<原因と当院の取り組み>
座っているとさらに腰を痛くする原因
・姿勢が悪さ
・椅子の問題
・背骨の柔軟性の低下
・身体の機能(筋肉、関節、内臓)の低下
・モニター、デスクの位置関係
・体重の増加
などが挙げられます。
また、姿勢による腰に対しての負担を100とした研究でこんな結果が発表されました。
上向きで寝る      25
横向きに寝る      75
まっすぐ立つ      100
立ってから前かがみ   150
椅子に座る       140
座って前かがみ     185
このように座っている姿勢は立っている姿勢よりも腰に負担が掛かるのです。
なので、デスクワークは腰痛の大きな原因になるのです。また骨盤のゆがみも関係します。
現代病ではありますが、防ぐこともできるのです。痛みを取るのはもちろんのこと、ゆがみをとり姿勢改善をしていただけるように指導いたします。多くの原因で腰痛が起こることを知って頂いた上で、生活の質を変えるのは大事なことです。

院長ブログ

  •       西宮市の若王寺鍼灸院「脊柱管狭窄症」の予防とは!   
    2018/09/11
    西宮市の若王寺鍼灸院「脊柱管狭窄症」の予防とは!
    西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本です ご覧頂きありがとうございます 今日のテーマは「脊柱管狭窄症」についてです 若王寺鍼灸院では、四番目に多い症状です 脊柱管とは背骨に沿ってのびるトンネ...
  •       西宮市の若王寺鍼灸院「足と腰痛との関係」とは!   
    2018/07/21
    西宮市の若王寺鍼灸院「足と腰痛との関係」とは!
    西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本です ご覧頂きありがとうございます 今日のテーマは「足のトラブルと腰痛の関係」についてです もしかしたらなかなか治らない腰痛は 足に原因があるかもしれませ...
  •       西宮市の若王寺鍼灸院が腰痛にアプローチする部位とは!   
    2017/11/02
    西宮市の若王寺鍼灸院が腰痛にアプローチする部位とは!
    西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本です ご覧頂きありがとうございます 今日は患者様からの質問をお答えいたします Q-腰痛の改善にどの筋肉を意識したらいいの? 皆様はどうお考えでしょうか? ...
  •       西宮市の若王寺鍼灸院が実践する腰痛改善法とは!   
    2017/10/28
    西宮市の若王寺鍼灸院が実践する腰痛改善法とは!
    西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本です ご覧頂きありがとうございます 今日のテーマは「腰痛」です 日本人は腰痛に悩まされている方が多いのではないでしょうか? そこで、少しでは解消できるよう...

全ての記事を見る


< 腰部脊柱菅狭窄症  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休