HOME > 症例集 > 腰部椎間板ヘルニア

症例集

< ぎっくり腰  |  一覧へ戻る  |  梨状筋症候群 >

腰部椎間板ヘルニア

<特徴>
背骨と背骨の間に椎間板というクッションがあり、そこが突出して神経を圧迫しておこります。
腰部のヘルニアの約90%は腰椎の4、5腰椎間と第5腰椎、仙骨間に好発します。
4,5腰椎間はお尻から太もも、膝、足の親指に達する痛みや痺れが出ます。
第5腰椎、仙骨間が圧迫されるとお尻の真ん中、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指に痛みや痺れが出ます。
また前屈痛や、片側に痛みが出るので、片足にしか体重が乗せれません
筋力低下も起こるのでどこが圧迫されているかが簡易検査で分かります。
 
<原因と当院の取り組み>
椎間板は年齢とともにだんだんと弾力性を失っていき、日常生活で重いものを持ち上げたり腰をひねった時など、ちょっとした動作の衝撃で痛みが出ます
また、カルシウム不足で骨が変形して椎間板を圧迫するケースや姿勢の悪さによる背骨や骨盤のずれ、ゆがみも原因となります。
日常生活の動作のクセが原因なので、正しい姿勢の指導や、食生活のアドバイスなどをさせて頂きます。

< ぎっくり腰  |  一覧へ戻る  |  梨状筋症候群 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休