HOME > 症例集 > モートン病

症例集

< 足根管症候群  |  一覧へ戻る  |  腱板損傷 >

モートン病

痛みやすい部位:足の3指と4指の間に痛みを感じます。次に2指と3の間であり、どの指の間にも痛みを感じる場合があります。
主に中年女性の発症が多く、モートン病を患う人の90%が女性だと言われています。

<症状>
・歩いている時、地面を蹴り上げなど、つま先立ちで痛む
・足指が曲がった状態にある時に痛みを感じることが多く、
・ハイヒールや幅が狭く窮屈な靴を履いている時に痛みが出やすい

<原因>
・不適切な靴の着用
ハイヒールや窮屈なシューズを履いていると、前足部や足指を圧迫してしまいます。
その結果、中足骨の幅が狭まり、滑液包と呼ばれるクッションが刺激され、
炎症を起こして指神経を圧迫します。
また、神経腫を圧迫して痛みが生じる場合もあります。
・足部の異常
モートン病を患う患者様には、外反母趾、扁平足の傾向があります。
これらは全て、土踏まずの低下などが関係しています。

<当院での施術>
当院ではマッサージや鍼で痛みを取るのと同時に、シューズやインソールのアドバイスをさせて頂きます。
ハイヒールやパンプスなどのカカトの高い靴の使用をやめ、
自分の足に合った適切なシューズを履きことが大切なことです
 

< 足根管症候群  |  一覧へ戻る  |  腱板損傷 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休