HOME > 症例集 > 坐骨神経痛

症例集

< 梨状筋症候群  |  一覧へ戻る  |  変形性股関節症 >

坐骨神経痛

<特徴>
・ヘルニアが原因でなることが多い
・骨盤のゆがみも関係する
・おしりや脚の片側だけに痛みが起きる(まれに両足で発生することがあります)
・殿部にジリジリした痛みやしびれを感じる
・座った状態から、立ち上がる時にも痛みを感じる
・お尻から足にかけて脱力感やしびれがあり、脚や足を動かすことがしんどい
・前屈後屈で痛みを感じる
・長時間座っているとお尻に痛みがでる
・中腰になると腰から足に痛みがはしる
・ふとももの裏や足の外側にピリピリした痛みやシビレを感じる
<原因と当院の取り組み>
運動不足や日常生活の偏りが大きく影響し、筋の衰えや硬さ、体幹の弱さ、不良姿勢が長期に続くことでおこるため、そういったことをアプローチしていきます。
また、腰痛などの背部痛がある場合は内臓疲労により痛みが出る場合があるのでそこもケアもしていきます。

< 梨状筋症候群  |  一覧へ戻る  |  変形性股関節症 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休