HOME > 症例集 > 変形性股関節症

症例集

< 坐骨神経痛  |  一覧へ戻る  |  顎関節症 >

変形性股関節症

<特徴>
最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。
進行すると、持続痛や夜間痛も出ます。
日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が難しくなります。
また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、家事にも支障が出ます。
女性は男性に比べ関節が緩く周囲の筋力も弱いことや、骨盤が横に広いのでなりやすいです。
 
<原因と当院の取り組み>
大事なことは、どのような使い方をすると痛みが強くなるかを知ることです。
そうすることで、施術計画は立てやすいです。もし体重が増えて痛みが出たのなら、ダイエットプログラムも考えられます。
痛みがあるとどうしても歩かなくなり筋肉が衰えてしまうので、そうならないためにも早期の施術が理想です。トレーニングはどうしても疼痛を誘発してしまう可能性がありますので、慎重にしていきます。
また体のゆがみによって余計に負荷をかけるのでそういったことも、改善すべきです。

< 坐骨神経痛  |  一覧へ戻る  |  顎関節症 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休