HOME > 症例集 > 顔面神経麻痺

症例集

< 顎関節症  |  一覧へ戻る  |  メニエール病 >

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は、中枢性と末梢性の麻痺がありますが、当院では末梢性の麻痺であれば、
施術は可能です。
<特徴>・・末梢性
麻痺側の前額郡の「シワ」がなくなり、又「シワ」を作ることが出来ない
閉眼が不十分、閉眼を命じると眼球が上方に回転する
口笛が上手く吹けず、うがいができない
神経麻痺側の鼻唇溝は平坦となり、口角は垂れ下がる
神経麻痺側の舌の前2/3の味覚障害がでる
耳が痛い、高い音や自分の声が響く
 
<当院の取り組み>
各種の運動器疾患の筋委縮に鍼治療が選ばれるように、顔面神経麻痺の表情筋の萎縮にも鍼治療が効果的です。
原因は、ストレス・疲労、ウイルス感染、冷え、扇風機などの風、外傷などと言われますが、これといったハッキリとした原因が分からない場合もあります。
しっかり問診で聞き出し、日常生活での原因を見つけ出します。

< 顎関節症  |  一覧へ戻る  |  メニエール病 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休