HOME > 症例集 > 正中神経麻痺

症例集

< 手根管症候群  |  一覧へ戻る  |  尺骨管症候群 >

正中神経麻痺

<特徴>
正中神経が手関節の屈筋支帯で圧迫や絞扼を受けて起きます
始めは2指、3指がしびれ、痛みがでますが、最終的には親指から3指の母指側の3本半の指がしびれます。急性期には、このしびれや痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。手の甲はしびれない
しかし、手を振ったり曲げ伸ばしをして動かすと軽減します。ひどくなると母指の付け根がやせて母指と示指でOKサインができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります
妊娠や出産などの女性に多く、理由はむくみが関連しているからです。
どういうことかと言うと、靭帯がむくみにより膨らみ、神経の圧迫がおきることにより痺れが発生します。
だから、むくみやすい女性はこの病気になりやすいです。
猿手が特徴的な診断です。
手の表と表をあわせる合掌するのではなく、それと逆で手の甲と甲をしっかりと合わせると痺れてくると、手根管症候群です。

<当院の取り組み>
主に母指対立筋や短母指外転筋や2指3指の運動麻痺に対してアプローチし痛みを軽減させていきます。


手根管症候群の別名

< 手根管症候群  |  一覧へ戻る  |  尺骨管症候群 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休