HOME > 症例集 > インピンジメント症候群

症例集

< 腱板損傷  |  一覧へ戻る  |  野球肩 >

インピンジメント症候群

<特徴>
インピンジメントとは衝突という意味です。なので野球肩と似ていて痛む場所は人によって異なります。
肩を上げていくとき、ある角度で痛みや引っかかりを感じ、それ以上に挙上できなくなる症状です。
悪化すると拘縮や筋力低下、夜間痛が出ます。
肩を挙上するとき、あるいは挙上した位置から下ろしてくるとき、ほぼ60-120°の間で特に強い痛みを感じると疑われます。

<当院の取り組み>
主に筋肉の癒着が痛みの原因であり、マッサージや鍼で取り除きます。
またインナーの筋力トレーニングはもちろんのこと、肩甲胸郭関節・体幹・股関節の動きなどへもアプローチする必要があります。

< 腱板損傷  |  一覧へ戻る  |  野球肩 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休