HOME > 症例集 > 五十肩

症例集

< 野球肩  |  一覧へ戻る  |  胸郭出口症候群 >

五十肩

<特徴>
中年期(40~60代)に起きやすく、肩関節周囲炎と言われています。
主に原因の分からない肩の痛みがあり、肩の関節の可動域が制限されます。
通常は片方の肩だけに起きますがまれに両方とも起きることもあります。
下着がつけられなかったり、髪が結べなかったらその疑いがあります。

<症状>
肩を動かすと痛い(服の着脱時や頭を洗うときなど)
腕が上がらない
背中に手が届かない
上の物を取ろうとすると痛む    
安静時でも肩がうずく
夜間痛がある→冷えや長時間の圧迫による

<当院の取り組み>
肩の骨ではなく関節や肩関節の周囲の筋肉に問題が起きるので、早期の可動域訓練は必要です。
五十肩は自然に痛みがなくなることもありますが、施術しないと可動域制限がかかります。また痛みをかばうため長期間肩を動かさず、関節包の癒着も起こります。
そうなると治るには時間を要します。

< 野球肩  |  一覧へ戻る  |  胸郭出口症候群 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休