HOME > 症例集 > 胸郭出口症候群

症例集

< 五十肩  |  一覧へ戻る  |  寝違え >

胸郭出口症候群

<特徴>
鎖骨のあたりの神経や血管の圧迫が原因となっています。
胸郭出口症候群の原因となる場所は3つあります。
  1. 前斜角筋と中斜角筋の間 (斜角筋症候群)・・肩甲背部の緊張や斜角筋が呼吸補助筋であるため息苦しさが現れます
  2. 鎖骨と第1肋骨の間(肋鎖症候群)・・肩にバックを下げたり、腕に重いものを持つと悪化します
  3. 小胸筋と烏口突起の間(過外転症候群)・・つり革を長く持つと悪化します
なりやすい方として、なで肩の方や、首が細い人、猫背の方に多いです。また、仕事などで日常的に長時間同じ姿勢を続けている方や、胸の筋肉を鍛えている方も要注意です。

<症状>
・手や指がしびれる
・肩、腕、肩甲骨あたりにうずくような痛みがある
・握力が弱くなる
・細かい手の作業がしにくい
・腕が白っぽい、または青
・手が熱い、または冷たい
などを感じたら危険です。
また、斜角筋が緊張する原因として、胸式呼吸や逆流性食道炎も考えられます

<当院の取り組み>
よくこの症状は観ますが、姿勢改善や呼吸の仕方を変えるだけでよくなる症状です。
しっかり歪みなどにアプローチしていきます。

< 五十肩  |  一覧へ戻る  |  寝違え >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休