HOME > 症例集 > 足関節捻挫

症例集

一覧へ戻る  |  足底筋膜炎 >

足関節捻挫

足には内に捻ることによって起こる、前距腓靭帯や踵腓靭帯や後距腓靭帯の捻挫や、
外に捻ることによって起こる三角靭帯やY字靭帯と多くの靭帯が存在します。
その中でも内にひねる捻挫が多いのです。
なぜなら、内と外では靭帯の強度が違い、安定性に欠けるからです。
 
<症状>
受傷した関節の種類や靭帯損傷の程度によってさまざまです。一般的には関節の痛みや腫れがおきます。
腫れや皮下出血があれば、靭帯が断裂しているおそれがあります。
 
<当院の取り組み>
受傷すぐでしたら、まずはアイシングと圧迫と心臓より高い位置に上げ、安静にしてあげて下さい。内出血を伴うようでしたら、病院に行って頂きます。
基本的に治療としては、周りの筋肉を緩めることと、クセにならないように予防することになります。

一覧へ戻る  |  足底筋膜炎 >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休