HOME > 院長ブログ > 西宮市の若王寺鍼灸院が教える「こむら返り」の対処法とは!

院長ブログ

< 西宮市の若王寺鍼灸院が教える、食後にしてはいけないこととは!  |  一覧へ戻る  |  西宮市の若王寺鍼灸院が考える「糖質」の効果とは! >

西宮市の若王寺鍼灸院が教える「こむら返り」の対処法とは!

西宮市の若王寺鍼灸院院長の森本ですhappy01


ご覧頂きありがとうございますeye


今日のテーマはこむら返りですsign01


お正月は、食べる量や飲む量が増えていませんか?


また寒さもあり運動量も減ってきていると思いますsweat01


そんな時に多く起こるのがこむら返りですdown


そこで今日はこむら返りの原因と対処法についてお話しますpencil


足がつるのは、筋肉のけいれんの一種で、


筋肉や腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起きますdash


原因としては、肉体疲労と栄養不足が考えられますflair


さらに細かく見ると、筋肉疲労や水分不足、電解質の不足、寒暖の急激な変化、


神経系の伝達機能低下など、いくつかの原因が重なって起こりますpaper



肉体疲労とはどういうことか?





アキレス腱を代表とする腱の中には、


これ以上筋肉を伸ばしてはいけないという事を脳に伝達する機能があり、


これによって我々は適度な伸縮を繰り返し、体を動かしています。


しかし、筋肉を使い過ぎ、疲れがたまりすぎると、


疲労物質である乳酸がこの伝達機能を低下させてしまい


これによって正常な信号が送れなくなるため、


伸長のストッパーが外れた状態となり、


異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして、


足がつりやすくなります。



栄養不足とはどういうことか?




我々は食物からバランスよく栄養を取ることで、


体内のイオンバランスを保たれています。


しかし、ダイエットや偏食によって栄養が偏ると、


このイオンバランスが崩れます。


脳に様々な伝達を送るのに必要なイオンバランスが崩れると、


やはり伸長のストッパー機能が外れた状態となり、


異常を感じた肉体が急激に収縮させようとし、


足がつりやすくなります。


以上の二つのことが大きな原因と言われていますup


次につった際の対処法をご紹介しますgood


まずは、体の力を抜くように心がけて下さいnote


こわばってしまいがちですが、力を抜くことが大切ですsign03


そして、ゆっくりストレッチしてくださいrun


ただストレッチするのではなく、どの角度が楽なのかを確認して


伸ばすようにして下さいrock


楽でない角度でストレッチをしても、効果は得られませんcrying


そして最後に足首を回しましょうrvcar


それは全体の緊張をほぐすためです。


以上のことがつった際の対処法ですscissors


こちらは対処法ですが、もし何度も起こるようでしたら、


足を伸ばさないように、膝の後ろにクッションなどを敷き


足が伸びきらないように、膝を立てるように心がけて下さいfullmoon


最近ではこむら返りが原因で、不眠症が増えてきていますsleepy


是非そうならないように日々対応してくださいbell


若王寺鍼灸院では、筋肉へのアプローチはもちろんのこと


精神的なアプローチもおこなっていますlovely


是非一度ご相談くださいfaxto


若王寺鍼灸院よりheart02

< 西宮市の若王寺鍼灸院が教える、食後にしてはいけないこととは!  |  一覧へ戻る  |  西宮市の若王寺鍼灸院が考える「糖質」の効果とは! >

若王寺鍼灸院

〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町7-17 ハイツ市庭103

0798-78-3865 お問い合わせ 営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00) / 水曜定休